Entries

スポンサーサイト

西田圭介『ビッグデータを支える技術』

ビッグデータ関連の技術や構築のポイントを分かりやすく書いた本。データレイクとか言ってる人は読むべきもの。著者はトレジャーデータの人なのだが、自社製品については最後の数ページで述べられるのみ。基本的にはオープンソースになっているものを組み合わせて解説されている。とても信頼の置ける態度。ビッグデータは3V、すなわちデータの多様性Variety、データ件数の多さVolume、データ流速の速さVelocityで特徴づけられると...

松尾信一郎ほか『ブロックチェーン技術の未解決問題』

ITセキュリティの専門家たちによるしっかりした一冊。ブロックチェーンの熱狂に踊らされることなく、その技術的問題点を簡潔に指摘している。今年出た本だが執筆時点はそれよりも前。この話題は発展が凄まじいので、もう古い、あるいは解決されてしまった問題もあるのだろう。現状のブロックチェーン技術の問題点は4つにまとめられる(p.49-54)。(1) セキュリティ要件が明確でなく、実装の安全性も担保されていない。(2) 鍵の有効...

株式会社フリーライズ『予算が見える・効果が上がる ネット広告徹底活用ガイド』

この本は具体的に、Web広告の活用法を書いている。リスティング広告、アドネットワーク広告、SNS広告、アフィリエイト広告、メール広告、ネイティブ広告が扱われる。どんな企業がその広告を提供していて、出稿するにはどうすればいいか。時にはスクリーンショットを使った個々の操作ステップまで書いてある。概念的な事柄や方法論を学ぶよりも、本当に具体的に始めてみる一冊。文末にはWeb広告を出稿してうまくいった四つのケース...

本間和城『基礎から学ぶWeb広告の成功法則』

Web広告のことはほとんど知らないので勉強。個人的にはすべてAdblockで消しているので、そもそもあまりWeb広告を見る機会がない。広告をクリックして遷移するという体験がない。裏側で本当はこういうことが動いている、ということを知るために読んでいた。この本はWeb広告の種類として何があって、それらをどう使い分けるかという標準的な内容はもちろんカバー。それ以上に、そもそも広告をどう設計するかについてかなり議論してい...

アンドレアス・アントノプロス『ビットコインとブロックチェーン』

ビットコインとブロックチェーンの技術的詳細を記した素晴らしい一冊。包括的で、ひとまず基本的な事項はすべて扱われている。トランザクションの仕組み、暗号技術、ネットワークの各ノードの種類と動き、Proof of Workなど。ときにC++とPythonのコード付きで、自分で試すこともできる。ビットコインそのものの暗号技術は強固。ただ、秘密鍵が漏洩してしまえばすべて終わり、ということは幾度も強調されている。さらにブロックチェ...

岩本隆『HRテクノロジー入門』

あまり参考にはならなかった。他からの資料のまとめが多く、独自の論考は少ない。最初のほうは経済産業省の資料の要約。日本国内の動向と題しながら、著者の研究室の研究例の羅列。あとは著者が絡んでいる、HRテクノロジー大賞の受賞社リスト。どんなプレイヤーがいるか、情報源はどこかという話には役に立つだろう。...

アンドレアス・ワイガンド『アマゾノミクス』

何よりもこの邦題は酷いだろう。このタイトルからはアマゾンのビジネスの仕組みと、それを支えるデータサイエンスについて書かれているように見える。しかし本書はアマゾンの話を中心としたものではない。出てくる企業の話ならフェイスブックが一番多い。そもそも著者はアマゾンの元データサイエンティストだが、書いているスタンスはアマゾンからまったく別である。この邦題は原著への冒涜と、読者への詐欺に近いものだ。原題は「...

阿佐志保、中井悦司『プログラマのためのGoogle Cloud Platform入門』

Google Cloud Platform (GCP)について書かれた平易な入門書。各GCPサービスが一通り扱われており、概要を知りたい向きには役に立つ。GCPを使ったサービス構築に必要な概念が書かれている。ロードバランサやDNSの知識もコンパクト。実践例としては、オンラインゲームや写真アルバムサービスを例として、デプロイの仕方が扱われる。Kubernetesの章が個人的には最も役に立った。また、機械学習サービスについても触れられているが、こ...

伊藤直也、田中慎司『[Web開発者のための]大規模サービス技術入門』

はてなのインターンシップの講義資料。大規模なWebサービスをいかにして運営するかを解説している。大規模とは、月間アクセス数が数十億、物理サーバーが500台以上。グーグルやフェイスブックの超大規模サイトとは異なる。インターンシップの講義録だからか、基礎レベルからきちんと解説しているし、実践的で面白い。2010年の本なので、この分野ではすでにやや古い本かもしれない。例えば利用しているクラウドサービスはAWSのCDNで...

宿輪純一『決済インフラ入門』

決済インフラ入門銀行と証券を主とする決済のインフラについて、各国の状況をまとめた本。日本のみならずアメリカ、ヨーロッパ、アジアの事情まで経緯を含めて簡潔に記されている。決済システムに関わる人の基本文献となるだろう。とても簡潔に書いてあるので、決済に関わる基本的な考えや用語については適宜補っていく必要はある。銀行と証券の決済の仕組みについて一通り記す他、ブロックチェーンをはじめとする「新しい通貨」や...

Appendix

プロフィール

坂間 毅 (Sakama Tsuyoshi)

Author:坂間 毅 (Sakama Tsuyoshi)
数学の哲学を専攻して研究者を目指し、20代のほとんどを大学院で長々と過ごす。
しかし博士号は取らずPh.D. Candidateで進路変更。
哲学と特に関係なくIT業界に住んでいる。

別館:アマゾンのレビューページ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。