Entries

スポンサーサイト

山根裕子『知的財産権のグローバル化』

知的財産権のグローバル化―医薬品アクセスとTRIPS協定(2008/03)山根 裕子商品詳細を見る主に医薬品を巡る知的財産権の状況について。特に、「主な知的財産権について、最低基準の保護を義務付け」(p.62)た、1995年のTRIPS協定と、ジェネリック医薬品について。TRIPS協定は先進諸国の主導で、知的財産権を保護するものだった。しかし、2001年のドーハWTO会議では、途上国の意見が反映される。特許があっても一定の条件でその効力を...

セーレン・キルケゴール『死にいたる病』

死にいたる病 (ちくま学芸文庫)(1996/06)セーレン キルケゴール商品詳細を見るいまこの本を読む人は少ないかもしれない。昔はよく読まれていた。自覚的キリスト者に至る弁証法的過程。無自覚で自然的な、単なる心と身体の統一体から、神の前で目覚めた「精神Geist」へと。まさに精神現象学。超越論的なものを分離しておいて、それを前・超越論的な領域へと外挿すること。つまり、絶望していないことは一種の絶望である。この思考法...

志賀浩二『無限のなかの数学』

無限のなかの数学 (岩波新書)(1995/08)志賀 浩二商品詳細を見るこれは凄い。大変な名著だ。無限の話なので、集合論の初歩から対角線論法とかが書いてあるのかなと思ったが。そうではなく、実数と無限級数・テイラー展開、フーリエ解析の話。集合論は最後に少し。思えば、カントールはフーリエ解析の話から出発したわけで、当たり前の話の持っていき方。実数という捉えようのないものを、いかにして数学が扱おうとしてきたか。それ...

柴田昌治、金田秀治『トヨタ式最強の経営』

トヨタ式最強の経営―なぜトヨタは変わり続けるのか (日経ビジネス人文庫)(2006/05)柴田 昌治金田 秀治商品詳細を見るトヨタの経営スタイルについて。TPSが単なる生産方式ではなく、常に変革を求める企業文化を生む手段だと力説。演繹的に目標を定めてしまうことにより、問題点を無理に明らかにすること。論点もよくまとまっているし、具体例やちょっとしたエピソードも印象的。よく書けている。グループ会社で実際にカイゼンを行っ...

トム・デマルコ、ティモシー・リスター『ピープルウェア』

ピープルウエア 第2版 - ヤル気こそプロジェクト成功の鍵(2001/11/26)トム・デマルコティモシー・リスター商品詳細を見るデマルコ本。さすがの名著。頭脳労働者がその能力を十分に発揮できる組織とはなにか。参考になることはいくらでもある。労働環境についての考察がかなり多くあるのが意外だった。言われてみれば確かに重要な要因だが、あまり取り上げる人はいない。他に意外だったポイント。生産性の測定結果は本人にしか開示...

山田晶『アウグスティヌス講話』

アウグスティヌス講話 (講談社学術文庫)(1995/07)山田 晶商品詳細を見る素晴らしく含蓄に満ちた言葉。高名なキリスト教学者による、一般信徒向けの講話集。アウグスティヌスを枕にしているが、特にアウグスティヌスの思想に依ったものではない。アウグスティヌスの思想形成における母親と内縁の妻の役割というやや特殊な話題に続いて、扱われている話題は次の通り。煉獄と地獄の違いについて。三位一体論。悪と神義論。終末思想。...

野中郁次郎他『戦略の本質』

戦略の本質 (日経ビジネス人文庫)(2008/07/29)野中 郁次郎戸部 良一商品詳細を見る20世紀の特徴的な戦争のなかから、それを企画指揮した人物の考えを取り上げる一冊。特に圧倒的な不利な状況で逆転を成し遂げた事例が研究される。そもそもこういった戦史物はあまり読んだことがなかったので、その点でまず興味を引かれた。だが単なる戦史の本ではない。そこから戦略という一般概念の特質を取り出そうとする本。それでこそ経営学者...

ジョン・メイナード・スミス『生物学のすすめ』

生物学のすすめ (科学選書)(1990/05)ジョン メイナード・スミス商品詳細を見るかの第一級の遺伝学者、メイナード・スミスが書いた平易な入門書。かなり期待して読んだのだが、いま一つだった。ちょっと話題が拡散しすぎている。全体として焦点がどこにあるのか、今ひとつ見えない。例えば、脳と知覚の話は神経認知科学の話題であって、進化論や分子生物学の話に混ぜるには折り合いが悪い。翻訳も基本的に直訳調であり、あまりこな...

アル・ライズ、ジャック・トラウト『ポジショニング戦略』

ポジショニング戦略[新版](2008/04/14)アル・ライズジャック・トラウト商品詳細を見るマーケティング論の基本図書。誰でも読んでいる。あまりにも情報多寡なこの社会に置いて、消費者にメッセージを届けるにはどうしたらいいのか。これが現代マーケティング論の基本問題。それは、単に多くの広告を出して、広範な層に一様に訴えることではない。むしろ、ターゲットとする層を分節化して、ある限定的な特色を持った商品として提示す...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。