Entries

ダラス・マーフィー『MBAのマーケティング』

MBAのマーケティング (ビジネスプロフェッショナル講座)(1997/08)ダラス マーフィー商品詳細を見るMBAコースでのマーケティングの教科書。アメリカによくある教科書のスタイルで、かなりきちんとまとまっている。マーケティングの4Pを製品、価格、流通、販促と順に解説。その後、マーケットリサーチで顧客をいかに捉えるかという顧客の章と、ポジショニングについての章が続く。それぞれの章で何が問題となり、それに対してどう...

湯川秀樹『物理講義』

物理講義 (講談社学術文庫 195)(1977/10/07)湯川 秀樹商品詳細を見る日本大学理工学部で1974年3月18~20日に行われた、物理学専攻の大学院生向け講義。教科書に乗るような理論として完成された物理学ではない。物理学者が理論を考えたときの、様々な混乱や未整理な部分も考え、創られた際の物理学を見ていく。そのような整理されていない考えは単に無駄なごちゃごちゃしたものではない。むしろ、それが後の発展に示唆を与えたりす...

日経コンピュータ編『ザ・プロジェクト』

ザ・プロジェクト、成功の軌跡(2004/08/26)日経コンピュータ商品詳細を見る日本における大きなITプロジェクトの成功について。失敗話はよく聞く。成功話はどうしても美談に聞こえる。この本は様々なビックプロジェクトについて、その苦労などを含めて書かれている。臨場感溢れる記述は、ジャーナリズムの本領。会社の統合で難しい政治的取引をくぐり抜けたKDDIの基幹システム、土壇場の2ヶ月でサブシステムを作り直したNR...

伊藤元重『市場主義』

市場主義 (日経ビジネス人文庫)(2000/11/07)伊藤 元重商品詳細を見る明快にまとまっている。市場原理を導入して競争を促進しなければ、成長の機会はない。すっぱりと言い切るのは気持ちいい。競争による淘汰と言えば弱者がたくさん生み出される印象を受ける。しかし企業は異なる領域へ進出して利益を確保するようになる。つくば市のパン屋の例(p.68)が面白い。グローバル化してマーケットが大きくなれば、たとえ0.1%のシェアしか取...

克元亮『ITアーキテクト x コンサルタント』

ITアーキテクト x コンサルタント 未来を築くキャリアパスの歩き方(2006/08/30)克元 亮商品詳細を見るこれはかなり良い本だ。技術面の専門家としてのITアーキテクトと、顧客対応の専門家としてのコンサルタントという対立軸を立てて、それがどのような位置にあるのか、何が要求されるのかを説いていく。この2職種が必要とされる背景や、必要な知識、キャリアを築く方法など。様々な専門用語は欄外で適宜、記されているし、関心が...

梅原猛訳注『歎異抄』

歎異抄 (講談社学術文庫)(2000/09/08)梅原 猛商品詳細を見るこれは凄い。心底震えるような読書だった。言わずと知れた、浄土真宗の創始者の一人である親鸞の思想を、その弟子である唯円が記したもの。人智を超えた阿弥陀仏の慈悲に対する、人間の有限性。人間ごときがちょっと努力したくらいで極楽に行ける(自力)わけがない。人智を超え、悪人すら救済するのが阿弥陀仏の慈悲である(他力)。だいたい、当人が善人であるか悪人で...

ミシェル・オンフレ『哲学教科書』

哲学教科書(2004/11/26)ミシェル・オンフレ商品詳細を見る一風変わった、フランスの高校生のための哲学教科書。あまり評価は高くないみたいだが、個人的にはなかなかよかった。哲学の素養のない人間がいきなり読んで分かるか、といえばそれは違う。章の始めに立てられる問いは一見、身近でとっつきやすいものに見える。いわく、「君たちはかつて、人の肉を食べたことがある?」「君たちはなぜ、校庭でオナニーしないのだろう?」「...