Entries

ソフトウェア・テストPRESS編集部編『ソフトウェアテスト入門』

ソフトウェアテスト入門 押さえておきたい(2008/04/11)ソフトウェア・テストPRESS編集部商品詳細を見るソフトウェアのテストについて、入門書として最適な一冊。IEEE829、SWEBOKなど標準をできる限り参考にするよう形で書かれている。直交法を用いたデータパターンの洗い出し方や、テストドキュメントのレビューの仕方が詳細なのが特徴だ。とはいえ書かれているのは基本的に単体テストレベルの話。個人的には単体テストより後の、...

高坂正堯『現代史の中で考える』

現代史の中で考える (新潮選書)(1997/10)高坂 正堯商品詳細を見る政治学者・歴史学者である著者の公演や小論をまとめたもの。主著ではないし、これだけ読んでもちょっと核心は分からなかった。イギリスが第二次産業革命に遅れたのは、大型化と科学教育であり、背景に階級社会がある(p.34f.)。中国の得体の知れなさ(p.88f)。和辻哲郎への着目(p.198ff)などが印象に残った。...

野本憲一編『岩波講座 物理の世界 地球と物理の世界〈3〉元素はいかにつくられたか』

岩波講座 物理の世界 地球と物理の世界〈3〉元素はいかにつくられたか―超新星爆発と宇宙の化学進化(2007/09/27)野本 憲一商品詳細を見る超新星爆発を始めとする星の進化と終焉の中で、様々な元素がいかに作られていくかを解説したもの。この本は単独の著者ではなく7人で書かれているので、似たような話が出てきたりもする。核融合によって水素からヘリウム、鉄まで徐々に形成されていく過程、またそれが0.1秒ほどで重力崩壊により...

レザー・アスラン『変わるイスラーム』

変わるイスラーム 〔源流・進展・未来〕(2009/03/21)レザー アスラン商品詳細を見るイスラム教の歴史と現在について、冷静で中立的なものが読みたければこの著者のものを読むのが良い。著者はジャーナリストであり宗教学者、さらに小説の訓練を受けている。その筆致は鮮やかだし、ともあれ説得的。各章の冒頭に出てくる小説仕立ての記述もとても分かりやすい。現代まで視点に据えているとはいえ、基本的にはイスラムの歴史につい...