Entries

スポンサーサイト

岡村久道『よくわかる共通番号法入門』

よくわかる共通番号法入門 ―社会保障・税番号のしくみ(2013/07/02)岡村 久道商品詳細を見る共通番号法、正式には「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」について解説したもの。仕組みについての概要は冒頭の15ページくらいで、残りは法律のほぼ逐条解説となっている。おそらく法務家のための本だと思われる。それ以外の人にはよく分かるとはとても言えない。題名にしたがって、よく分かる入...

木村汎、グエン・ズイ・ズン、古田元夫編『日本・ベトナム関係を学ぶ人のために』

日本・ベトナム関係を学ぶ人のために(2000/10)木村 汎、 他商品詳細を見る日本とベトナムの関係についての様々な論考を集めたもの。世界思想社のこのシリーズにはよくあるのだが、あまり統一感がない。ここで扱われているベトナムは主に、第二次世界戦争後のベトナム。扱われている話題はナショナリズム意識の問題から、日本との国交樹立の経緯、ベトナム難民への対応、カンボジア和平で日本が果たした役割、アジア通貨危機への対...

メアリー・ポッペンディーク、トム・ポッペンディーク『リーン開発の本質』

リーン開発の本質(2008/02/07)メアリー・ポッペンディーク、トム・ポッペンディーク 他商品詳細を見るリーン開発手法について書かれた本。手法といっても方法論やフレームワークであるよりは、背景となる考え方に近いのではないか。特にリーン開発手法としてのツールや仕組みについて述べられているわけではない。これはアジャイル開発について、その根本的な考えや改善のための指針を与えるものだろう。何と言っても最大の特徴は...

市民が主役の地域情報化推進協議会 番号制度研究会編『マイナンバーがやってくる 改訂版』

マイナンバーがやってくる 改訂版(2013/07/18)榎並 利博、小島 謙二 他商品詳細を見る2016年1月より導入される、社会保障・税番号制度(通称、マイナンバー制度)について解説したもの。ソフトな題名だが中身はよくまとまっていて、信頼の置ける記述となっている。マイナンバー制度については賛否が多く、中には結論ありきで偏向した記述も多くみられる。本書はそのような偏りもなく、制度がどのような仕組みであって、どんな対応...

特定非営利活動法人itSMF Japan『ITサービスマネジメント 事例に学ぶ実践の秘訣』

ITサービスマネジメント 事例に学ぶ実践の秘訣(2013/09/13)特定非営利活動法人itSMF Japan商品詳細を見るitSMFが編集した、ITサービスマネジメントの導入事例集。おそらくitSMFの会合で事例発表されたものを書籍にまとめたものと思われる。ITILが中心となるが、それに限定された取り組みではない。ITILを始めとするフレームワーク類は年を経ることに増える一方だが、こうしたものはあくまでガイドラインでしかない。それを実際に活...

小倉貞男『物語 ヴェトナムの歴史』

物語 ヴェトナムの歴史―一億人国家のダイナミズム (中公新書)(1997/07)小倉 貞男商品詳細を見るヴェトナムの歴史を概観した本。範囲は中石器時代末期(紀元前2万年から2万5千年前)のソンビ文化、その後のホアビン文化の洞窟文化から始まる。終わりはホ・チ・ミンらによるヴェトナムの独立宣言(1945年9月2日)あたりまでで、ヴェトナム戦争は範囲に含めていない。特徴としては題名の「物語」にもあるように、その時代の特徴を...

ハリー・ブーネン、コーエン・ブランド『COBIT入門』

COBIT入門―ITガバナンス・マネジメントガイド(2008/03)ハリー・ブーネン、コーエン・ブランド 他商品詳細を見るITガバナンスのフレームワークであるCOBITについて。本書はCOBIT 4.0に基づいて書かれている。COBITが作られた背景やCOBITの内容、ITILを始めとする他のフレームワークとの関連などが扱われている。COBITの構造についてうまく書かれているし、着目しようとしているポイントも入門書のレベルでは分かりやすい。後半はCOB...

浅井健一『プログラミングの基礎』

プログラミングの基礎 (Computer Science Library)(2007/03)浅井 健一商品詳細を見るとても面白い本だ。読んでいてワクワクするような本を久々に読んだ。タイトルは『プログラミングの基礎』だが、これはプログラミングについて多少とも学問的に学んでみたいという学生向けの本。仕事でプログラミングをすることになった人が基礎を知りたくて読むものではない。何と言っても扱われているプログラミング言語はOCaml。むしろ、「関数...

(社)ビジネス機械・情報システム産業協会 ドキュメントマネージメントシステム部会『文書管理物語』

文書管理物語 ―ストーリーと解説で学ぶ電子的情報管理の実現(2011/07/08)(社)ビジネス機械・情報システム産業協会 ドキュメントマネージメントシステム部会商品詳細を見る企業をはじめ組織体における文書管理の問題について、物語も交えて様々な話題を語ったもの。文書管理一般について語られているので、話題はかなり広い。ナレッジマネジメントなど社内の情報をいかに共有するか、特許にかかわるものなど機密文書をいかに保管す...

森茂暁『南朝全史』

南朝全史-大覚寺統から後南朝まで (講談社選書メチエ(334))(2005/06/11)森 茂暁商品詳細を見る南朝の研究書を多く記している著者が南朝史を俯瞰できるように通史を書いたもの。よくまとまっている。扱っている年代はサブタイトルにあるように、朝廷が大覚寺統と持明院統に分裂するきっかけとなる、後嵯峨天皇が薨去した1272年から、後南朝の後胤についての最後の言及がいまのところ確認できる1479年までの約200年間となる。この年...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。