Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/100-329f1d66

トラックバック

ピーター・ドラッカー『現代の経営(上)』

ドラッカー名著集2 現代の経営[上]ドラッカー名著集2 現代の経営[上]
(2006/11/10)
P.F.ドラッカー

商品詳細を見る


実に55年前の本。半世紀以上も前の本だ。しかも変化のとても激しい経営学の分野。それにも関わらず、まるで現在に書かれたような印象を受ける。内容にあまり古さを感じないのはやはりこの本の凄さ。

冒頭のマネジメントの本質についての議論が本当に素晴らしい。感銘を受ける。他にも、半世紀以上も前にCSRの重要性を説いていたり。未来の不確定性や景気変動にいかに対処するのか。企業の目的は利益を上げることではなく、顧客を創造することであるとか。グループでのCEO体制の提唱などなど。

具体的な議論を交えながらも、抽象的な議論が主。読む人を選ぶ本だ。ともあれ、一番印象に残ったのは以下の言葉。

「仕事は行いさえすればよい。仕事は論ずべきものではなく、実行すべきものである。」(p.222)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/100-329f1d66

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。