Entries

ダン・アリエリー『予想どおりに不合理』

予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
(2008/11/21)
ダン アリエリーDan Ariely

商品詳細を見る


いま話題の行動経済学。その第一人者による紹介本。人間の判断が状況や感情、他との相対的関係、他の人の意見にいかに左右されるかについて。様々な実験が率直に語られていて、読んでいて面白い。堅苦しい学者ならあまり企画しないような実験などあって、笑えるものもある。性的に興奮した状況では背徳的な行為に同意しやすいとか、他人とは違うビールを選びたくなるとか。

このような不合理な人間の判断を明らかにすると同時に、いかにこの不合理性を利用して/状況に抗して行くかに注目されている。例えば、政策が有効に機能するには。クレジットカード破産を防ぐには。あるいは売り手の戦略に惑わされず、本当に必要なものを買うには。

しかしどうもこの率直な語り口が私には信頼性を欠いた。不合理、不合理といえど、これは古典的経済学が想定する、理性的な経済合理主体の合理性に対する不合理にすぎない。この不合理性が「予想できる」ものであるなら、そこには別種の合理性があると考えるべきだろう。例えば社会生物学は、こうした別種の合理性の説明をもたらそうとして(失敗して)きた。

そして、この合理性--という言葉が嫌なら、状況に潜む一般性とでも呼べばよい--の追求こそ、学問が学問たる所以だ。これは「行動経済学」の本なのだろうか。本書には一般的な概念も登場しない。というより、どこが経済学なのか。行動心理学の本ではあるが。本書のトピックの取り上げ方は、必ずしも「合理的」ではない人間の判断を、雑多に扱ったものだ。これでは、通俗本や、科学<風>のTV番組と変わりない。面白おかしく笑うにはいいが、行動経済学の入門にはならないのではないか。

著者は、こう述べる。「経済学は、人がどのように行動すべきかではなく、実際にどのように行動するかにもとづいているほうがはるかに理にかなっているのではないだろうか。」(p.316)たしかに、それは理にかなっている(この原語はなんだろう?もしやreasonableか?)。だが、それゆえにそれではいけないのではないか。経済学には、実際にはそうでないような純粋な合理性を仮定し、それを人々に押しつけることによって、少しは人々を合理的な主体に近づける、という機能があるのではないか?これは、衆愚政治がなぜ嫌われるか、ということに類比的だ。そう、実際に人は合理的な判断をなしえない。だが、あたかもそうであるように想定することが我々の現代社会の基礎なのではないか?例えば、人権という概念はそうして確保されるのではないか?
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/125-b701242a

トラックバック