Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/131-ff84d3bb

トラックバック

三浦謹一郎『DNAと遺伝情報』

DNAと遺伝情報 (岩波新書 黄版 265)DNAと遺伝情報 (岩波新書 黄版 265)
(1984/01)
三浦 謹一郎

商品詳細を見る


1984年刊なので少し古いかもしれない。進化論の本ではなくて、細胞生物学の話。DNAが分子としてどんな物質(核酸)からできているか。DNAやRNAはどんな仕組みになっているか。細胞内のリボソームでのタンパク質合成はどうなされるか。

特徴は、研究の過程が詳細に出てくること。様々な生物学者の名前が出てくるし、国際学会での発表を聞いた衝撃なども記されている。当該の事実を発見した研究の仕組みなども書かれている。新書レベルの紹介本ではあまり見ないところだ。例えば、遺伝暗号表(三つの塩基とタンパク質の対応表)がどうやって発見されるに至ったか、など面白い。

科学の本当の面白さは実際の研究にある。新書にしてはだいぶディープなところまで書かれている好書だった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/131-ff84d3bb

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。