Entries

スティーヴン・ウェッブ『広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由』

広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス
(2004/06)
スティーヴン ウェッブ

商品詳細を見る


原題、「みんなどこにいるんだろう?」。このみんなとは、地球外文明ExtraTerrestrial Civilization(ETC)のこと。地球以外の宇宙にいる知的生命体について。原題は原子物理学者フェルミがふと発した一言による。邦題からは科学者がETCの存在を片っ端から否定する夢のない本のように見える。これは邦題の付け方が良くない。実際は、「ETCはもう地球に来ている」が8、「存在するがまだ連絡がない」が20、「存在しない」が11、著者の結論が1。これらの見解の根拠を様々に検討していく本。

ETCの話になるとどうしてもSFの領域になる。しかし本書はあくまで、物理学の理論や天文学の観測結果に照らして見解を検討する。かといって身も蓋もない議論に終始するのではない。手がかりがないと思えても、合理的と思われる範囲でできるだけ推定を行い、議論を検討する。そう、これはまさにフェルミ推定を駆使する本である。

個人的にはあまりETCに興味はない。だがなかなか面白く読んだ。とてつもない量のエネルギー(太陽の一生分より多い)を数秒の間に放出するGamma Ray Bursterの話がかなり印象に残った。また、一番面白かったETCの存在/非存在についての回答は、「彼らはもう来ていて、ハンガリー人と名乗っている」(解1)だった。

一点だけ些細なこと。パラドクスとは何かと一般的に解説する部分で、著者はお馴染みのアキレスと亀のパラドクスに触れる。そしてこのパラドクスは、収束する無限級数の理論ができて解決されたと述べている(p.30)。いすから落ちそうになった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/136-93331792

トラックバック