Entries

ジェームズ・ワトソン『二重らせん』

二重らせん (講談社文庫)二重らせん (講談社文庫)
(1986/03)
ジェームス・D・ワトソン中村 桂子

商品詳細を見る


言わずと知れた名著。DNAが二重らせん構造をしているという大発見をした当事者が、その発見への過程を語る。素晴らしい発見をもたらす科学者の思索の過程。また、ライバルとの熾烈な競争。そして、研究資金を獲得するための苦労話なども聞ける。

だが、期待したほどには面白くなかった。どうも小節調の文章は相変わらず苦手。登場人物はファーストネームで基本的に書かれているので、ときたま誰だか分からなくなる。カルテックのポーリングの論文の初歩的なミスから始まる、後半のクライマックスは楽しめた。DNAの二本鎖が相同的ではなく、相補的だと分かったときの衝撃。それまで疑念をいつも呈していた人が何の疑問もなく認め始める。読んでいて楽しい展開だった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/164-90fc54f7

トラックバック