Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/170-0be027a2

トラックバック

ロバート・シュック『新薬誕生』

新薬誕生―100万分の1に挑む科学者たち新薬誕生―100万分の1に挑む科学者たち
(2008/07/04)
ロバート・L.シュック

商品詳細を見る


原題は『奇跡の薬 命を救った7つの薬とそれらを創った人々』。大きなブレイクスルーをもたらした7つの新薬と、その開発秘話を追ったもの。薬学の教育を受けていないジャーナリストが書いたものだが、内容的にもしっかりしているらしい(訳者解説による)。ここでいう7つの薬は、ノービア(抗HIV薬)、セロクエル(統合失調症・双極性障害の治療薬)、ヒューマログ(人工インスリン)、アドエア(喘息治療薬)、レミケード(免疫疾患の治療薬)、グリベック(慢性骨髄性白血病の治療薬)、リピトール(高コレステロール血症の治療薬)。

たしかに訳者解説にも言われるように、製薬会社を賛美しすぎであるようにも感じられる。この本には製薬会社へのありがちな悪評は出てこない。そういうのは多数ある他書でよい。ここに出てくるのは、病気に苦しむ患者たちのために、全力を傾ける研究者たちの姿である。有効な化合物を探してひたすら単調な実験を繰り返す日々。画期的な薬どころか、そもそも自分の発見した化合物が薬として市販されることさえ、たいていの研究者には稀である。

新薬開発の難しさは、研究の難しさだけではない。例えば、収益性の問題。対象となる患者があまりに少数で、新薬を開発しても投資資本が回収できないかもしれない。それを巡って対立する経営陣と研究チーム。また、他社が先んじて開発してしまい、特許を取られてしまうリスク。そもそも、FDAによる承認の難しさ(申請書類は何十冊もの本になる)。研究室で合成することと、市販のため大量に生産することの違い(製造方法はまったく異なることも)。

様々な困難を越えて画期的な新薬ができるまでが鮮やかに語られる。その病気について古代からどう捉えられてきたか、などの医療史にも詳しいし、各章末には製薬会社のプロフィールも載っている。新薬の開発過程というあまり知られない側面を覗かせてくれる、良書だ。450ページはやや長いけれども。

専門家が訳しているので翻訳の質はよい。読みやすい訳でもある。だが一点だけ指摘しておくと、「モーゼ・メイモナイズ」という人名(p.174)。これは12世紀のユダヤ系哲学者で、日本語では普通モーゼ・マイモニデスと表される(あるいはモーシェ・ベン・マイモーン)。これはちょっと恥ずかしい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/170-0be027a2

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。