Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/2-18444527

トラックバック

中島洋『価値の創造へ アクセンチュア』

価値の創造へ アクセンチュア―7万5000人のビジネスエンジン価値の創造へ アクセンチュア―7万5000人のビジネスエンジン
(2002/10)
中島 洋

商品詳細を見る

2002年刊だからもう古い本ではあるけども。

こういう企業本はどうしても企業の宣伝になってしまうのは仕方ない。割り引いて読むこと。

ITシステム構築に力を入れていた時期から、戦略コンサルへの展開の歴史があり、興味深く読む。「いつかはうちも戦略系をやりたい」という、現在は代表になった人の発言など。
アクセンチュアから転職したが、半年で戻ってきた人の話。それだけ素晴らしい会社なのだ、とされているが。。。裏を読めば、他では通用しないとも言える。

知識データベースKXの話は、取り上げるものでもないのでは。そのくらいの仕組みなら、どこでも用意されている。問題は、それがどう使われているかだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/2-18444527

トラックバック

Appendix

プロフィール

坂間 毅 (Sakama Tsuyoshi)

Author:坂間 毅 (Sakama Tsuyoshi)
数学の哲学を専攻して研究者を目指し、20代のほとんどを大学院で長々と過ごす。
しかし博士号は取らずPh.D. Candidateで進路変更。
哲学と特に関係なくIT業界に住んでいる。

別館:アマゾンのレビューページ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。