Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/209-0e20ae65

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

戸部良一他『失敗の本質』

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
(1991/08)
戸部 良一寺本 義也

商品詳細を見る


日本軍はなぜ大東亜戦争に負けたのか。組織論の研究者たちがこの問題を、日本軍の組織上の問題として分析する。アメリカとの比較を通して浮かび上がってくるのは、日本軍の特質。陸軍は日露戦争、海軍はバルチック艦隊との対馬海戦での成功体験を忘れることができない。かくして陸軍は歩兵中心の白兵戦闘主義、海軍は戦艦同士の艦船決戦主義に固執することになる。

これらの基本戦略は当初有効であったからこそ維持されたもの。しかしアメリカが海兵隊を中心とする陸海空の統合戦略を展開するにあたっては機能しなくなった。また、当初想定されていたのとは異なる戦場--東南アジアの熱帯雨林や太平洋の島嶼部--では有効ではない。問題はそのことを認識し、それまでの組織学習を捨てる、学習棄却unlearningを行うことができるかどうかである。例えば、アメリカ海軍は真珠湾での敗北を受け、戦艦主体の艦隊決戦から空母主体の航空機決戦へと考えを転回した。

学習棄却のできない組織は、現状を冷静に受け入れられない。したがって、その戦略はfact-basedよりは精神主義へと傾く。本書が提示するインパール作戦の分析などは、まさに目も当てられない状況だ。劣勢な状況のため補給も容易ではなく、事前の情報戦ではすでに負けている状況で、精神論を振りかざし無意味な戦いを行う。

本書の狙いは、単なる戦史ではなくてそれを現代の企業組織論に活かすことだ。確かにここで記述されている事柄は、かなりの部分、企業組織に移して読むことができる。本書の最後の次のくだりは、この本が出てから25年も経つ、現在の日本社会によく当てはまる。

「日本軍同様、過去の成功体験が上部構造に固定化し、学習棄却ができにくい組織になりつつあるのではないだろうか」(p.400)

その通り。日本はいつまで高度経済成長とバブル景気の夢を見るのか。そんな成功体験を持たない世代からすれば、老害も甚だしい。時代は変わったのだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/209-0e20ae65

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。