Entries

佐藤研『聖書時代史 新約篇』

聖書時代史 新約篇 (岩波現代文庫)聖書時代史 新約篇 (岩波現代文庫)
(2003/05/16)
佐藤 研

商品詳細を見る


新約聖書を巡る歴史。ナザレのイエスが生まれる時代(B.C.30頃)から、キリスト教と呼べる宗教共同体が姿をなす2世紀までを扱う。特色は、当時のローマ帝国の政治状況、またユダヤ教共同体の政治状況をともに記していくところ。原始キリスト教、と呼ばれることもあるイエス処刑直後の時期を、「ユダヤ教イエス派」と捉える。この時期はいまだユダヤ教の内部にあると評価。それが、パウロの宣教などに現れる多民族への広がりと、ユダヤ教共同体の中に留まるパレスチナ・ユダヤ教の対立などが描かれる。

ただ、ローマ、ユダヤ、キリスト教とかなり多くの事項が扱われていることもあり、やや無味乾燥な思いを抱く。もっと、個々の事項の意義や、それを行った人々の意図などが描かれているといいのだが。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/212-6526ca37

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する