Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/282-4d908bab

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

西田圭介『Googleを支える技術』

Googleを支える技術 ?巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)Googleを支える技術 巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)
(2008/03/28)
西田 圭介

商品詳細を見る


Googleの競争優位はどこにあるかという問いに対して、pagerankを挙げるのは初期Googleに当てはまる話。確かにリンクの重みという概念でページをランキングして、適切な検索をもたらしたのは革命的出来事だった。だが現在のGoogleの競争優位は、大規模コンピューティングにある。極めて大量のデータ、アクセスを高速に処理する能力。Googleの凄いところは、そのために必要な技術をほとんど自社開発してしまったこと。それがGFS, MapReduce, Bigtable, Chubby, Sawzallといった技術。

本書は数少ないGoogleの公開文書をたどりながら、これらの技術について解説する。分かりやすく書こうとしているものの、専門的な文献の解説なのでそう易しいわけではない。読む側の知識水準がある程度要求される。また、これらの技術はGoogleの競争優位をなすものだから、そもそもそんなに細部まで明らかにされているわけではない。普通の考えとは次元の違う発想を楽しむのもよい。だが、自動車業界でF1で開発された次元の違う技術が、やがて市販車に適用されることもあるように、こうした大規模コンピューティングの技術はもっと小さなコンピューティングの世界にも使われるようになってきていることも事実。

意外に思ったのは、接続するクライアントはまずマスタから情報を受け取り、それにしたがってサーバ群にアクセスするという考えが多く取られていること。GFS, Chubby, MapReduceなどこの構成だ。大概こういう構成はマスタがボトルネックになりそうなので意外に感じた。

大規模データセンタの話も書いてある。Googleはハードウェアも自社開発。その一年間のサーバ生産量は世界4位(Dell, HP, IBM, Google)という話もある。その辺の日本メーカの市販している量よりも多い量を一年間で自社のシステムのみに使っている。こうしたハードウェア上の革新や、あるいは電力、ネットワーク上の革新もおそらく多くあるのだろうが、本書では文献がないのだろう一般論に終わりがち。

貴重な話題をよくまとめたな、という思いがするが、すでに古いと感じる箇所もあるのがこの業界のおそろしいところ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/282-4d908bab

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。