Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/30-db3cfcce

トラックバック

多田富雄、南伸坊『免疫学個人授業』

免疫学個人授業 (新潮文庫)免疫学個人授業 (新潮文庫)
(2000/12)
多田 富雄南 伸坊

商品詳細を見る


かの有名な多田富雄が著者とはいえ、基本的にはもう一人のエッセイストが書いたものだ。免疫学の素人が書いた講義ノートに基づく。多田氏のチェックが当然入っているだろうが、今ひとつ深みがない。おまけに、その前後にはセンスのない文章が垣間見られ、かなりがっかりだ。本文の学問的厳密性まで失われてしまうような感じになってしまった。

エッセイを書くなら勝手にどうぞ。だが免疫学について語るなら、もう少しきちんと書いて欲しい。最後に収録されている、多田氏単独の文章と思われる「おまけの講義」が唯一の救いだった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/30-db3cfcce

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。