Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/41-35ccd885

トラックバック

ニコラス・カー『クラウド化する世界』

クラウド化する世界クラウド化する世界
(2008/10/10)
ニコラス・G・カーNicholas Carr

商品詳細を見る


少し辛辣な調子で書く。

タイトルからすると、いま話題のクラウド・コンピューティングについての本かと思う。だが原題を訳せば『大転換:世界をつなぎ直す、エジソンからグーグルまで』。このように邦題と原題が大きく異なる。こういう場合、訳者か出版社が売れ筋を狙って勝手なタイトルを付けていることが多い。そしてそれは時に、原著の内容の誤読を誘い、歪める結果となる。

この本は二部からなる。第一部は、電力とインターネットを比較。その中で最近のクラウド・コンピューティングの広がりを描く。電力について、エジソンではなく、交流電力を普及させたインサルを取り上げたのがよい。章ごとに電力、ネット、電力、ネット・・と交互に語られる。電力についてはよくまとまっている。とはいえ、基本的にはシヴェルブシュ『光と影のドラマトゥルギー』という本の孫引きだ。クラウドの展開については、著者が専門的な分野である。さすがに効果的な書き方。ビル・ゲイツのメールから語り起こすあたりは特に。

だが私にはずっと疑念が残った。著者は電力とネットの比較をする。だが、電力送電網に比較されているのは、インターネット接続網ではない。著者が比較しているのはコンピューティングだ。つまり、ネット接続網というインフラの上で展開される、機能である。この比較は成立しないのではないか?比較するなら、電力の方もその上の機能でなければならない。例えば、クラウドとの比較はこうなる。太陽に匹敵するような明るい照明が使われるようになり、家庭・オフィス内の照明器具は不要になりました・・・と。
著者はわずかにこのことに気付いているようにも読めるが、強引な比較を続けている。私には、この比較が成立しているとは思えない。

第二部は、ネットの未来像を描く。それもやや「暗い」未来像だ。例えば、データセンターが巨大化していくことにより、クラウド・コンピューティングはますます一握りの企業に委ねられること。ネットの普及により、テロリストなどもグーグル・アースを使って正確なテロをしかけられるようになること。ネットでは多様な意見が自由に話され、真の民主主義が訪れるだろうという過去の幻想に反して、実際はセクト化を生んでいること。また様々な情報がネットに乗り、検索可能となることでプライバシーが侵されていること。政府や行政が個人を管理しやすくなること。
これはネットの誕生からずっと書き散らされてきた、よくある未来像ではないだろうか。言ってしまえば、かなり凡庸である。もちろん取り上げられる事例は新しい。グーグルの野望など面白いだろう。彼らは、人が何を考えたらいいかすら教えてくれるような、全知のAIを目指しているという。だがそれにしても、ありきたりな未来像に思える。クラウド・コンピューティングの話はどこへ?

第一部はクラウド・コンピューティングの興隆を描いている。だから、第二部ではクラウドが何をもらたすかの近未来が聞きたかった。だがあるのはありきたりな未来像。これは著者の「ワールド・ワイド・コンピューティング」という概念が曖昧だからではないか。この概念はクラウド・コンピューティングだけでなく、グリッド・コンピューティングやP2Pネットワークも含む。著者がグリッドの例として挙げたCERNのそれは、サーバ/クライアントモデルだ。著者がクラウドを際だたせるために、クラウドとは違うものとしたものである。このような曖昧な概念を使っているがゆえ、その未来像はせいぜいユビキタス社会の未来像にしかならない。

さて冒頭に戻ろう。この本はクラウド・コンピューティングをメインにした本ではない。もちろん、クラウドは大きな部分を占める。だが、あくまでクラウドを含めてネットの未来像を一般的に描いたものだ。クラウドの話を過度に期待してしまうのは、そのタイトルゆえである。
クラウドの話なんてメインじゃないじゃないか、と言いたくなる。だがその責めは原著者には帰せられない。訳者あとがきも無く、姿を現さない訳者、あるいは出版社に帰せられるべき責めである。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/41-35ccd885

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。