Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/444-79b71d11

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

野口廣『トポロジー』

トポロジー―基礎と方法 (ちくま学芸文庫)トポロジー―基礎と方法 (ちくま学芸文庫)
(2007/08)
野口 廣

商品詳細を見る


距離区間、位相空間の話から始まり、多様体、閉曲面の分類、位相幾何、微分位相幾何、力学系、さらには生物学への応用へと続く。微分幾何学の隆盛によって一気に力学など他分野への応用が進んだ時期があったが、これはその勢いを伝えるように書かれた本。

力学系以降の話はやはりよく分からないが、多様体や微分幾何のところは楽しく読めた。多様体論を少し読んでみようか。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/444-79b71d11

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。