Entries

スティーブ・オウアルライン『C++実践プログラミング』

C++実践プログラミングC++実践プログラミング
(2003/09)
スティーブ オウアルライン

商品詳細を見る


600ページ弱もあるので中級の入り口くらいまでは書いてある。だが単にC++の文法を網羅することで厚くなった本ではない。タイトル通り、プログラミングの実践的な側面について多くのコメントがある。後々でもメンテナンスのしやすい、「良い」プログラムを書くための技法(アート)。コメントをきちんと付けることの重要性。変数名についてのアドバイスまである。また、デバッグに一章割いているのは入門書には珍しい。

各所に散りばめられた、様々なエピソードも楽しい。打ち上げられたロケットが、assert文の失敗によって自爆することになったとか。

やはりC++でクラスとポインタが絡んでくると難易度が上がる。Cはそうでもないが、C++は個人的にはあまり好きになれない。どうも複雑な感じがして。Cの子孫なら、JavaやC#の方が馴染む。だがオブジェクト指向になったって、見えにくいだけでポインタは重要な役割を演じているわけで。call-by-value/call-by-nameの区別、数学的に一度きちんと学んでみようという気になった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/45-7c267e8d

トラックバック