Entries

クレーグ・ラーマン『初めてのアジャイル開発』

初めてのアジャイル開発 ~スクラム、XP、UP、Evoで学ぶ反復型開発の進め方~初めてのアジャイル開発 ~スクラム、XP、UP、Evoで学ぶ反復型開発の進め方~
(2004/09/09)
クレーグ・ラーマン、ウルシステムズ株式会社 他

商品詳細を見る


アジャイル開発についての入門書。概要を知ることができる。アジャイルといえばXPを断片的にしか知らなかったが、この本はスクラム、UP、XP、Evoという4つのアジャイル開発のやり方を取り上げている。それぞれの位置づけもイテレーションの期間の長さと、ドキュメントなど「儀式」の多さという軸で整理されており、分かりやすい。また、アジャイル開発に対してよくある誤解を丁寧に除こうとしているので、かなり参考になる。従来のウォーターフォール式開発の問題点はデータをもって実証的に語られていて、かなりの説得力がある。

とはいえ、コストやスケジュールの見積りについては今ひとつ疑問が解消されなかった。これはFAQにも取り上げられているのだが、アジャイル開発での見積りがどうなるかは、自分には明確にならなかった。類書を読み進める必要あり。ただ入門書としてはかなり役に立った。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/452-74e9616a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する