Entries

張紀久夫『岩波講座 物理の世界 物質科学の展開〈8〉光と物質』

岩波講座 物理の世界 物質科学の展開〈8〉光と物質岩波講座 物理の世界 物質科学の展開〈8〉光と物質
(2003/02/27)
張 紀久夫

商品詳細を見る


光と物質についての80ページほどの短い本。物質は光のエネルギーを受けてエネルギーを吸収したり、また崩壊や様々な原因でエネルギーとして光を放出して変化したりする。マクスウェル方程式をその基本構造を表現するものとして取り上げ、後は様々な現象を扱う。量子論の話はもちろん出てくるが、基本的に数式は控えられている。

「物質は電気的バネの集まり」としてローレンツ振動子モデルを扱うあたり(p.39ff)が本書のハイライトの一つとなるだろうし、ここはけっこう面白かった。ただ、話題を軽いレベルで多数扱うので焦点があまり明瞭でないケースもある。分光学やレーザーの話に絞ったほうがよかったのかも。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/475-cdee3b04

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する