Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/522-55b0772f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

鳥居泰彦『はじめての統計学』

はじめての統計学はじめての統計学
(1994/11)
鳥居 泰彦

商品詳細を見る

極めて初歩から丁寧に書かれた教科書で、これは実に素晴らしい。ここまで懇切丁寧に書かなければならないのか、と思うかもしれないと著者は記しているが、確かにそういう印象を持つ。概念のアイデア、数式の導入、それを使った計算過程まで実に一歩づつ事細かに書かれている。計算過程の途中まで記されている。練習問題も同様の問題を繰り返してやるようになっているし、逐一解説と回答が付いている。程度としては高校生レベル。

内容はごく初歩の統計学の概念から離散確率分布、正規分布。t分布とχ^2分布による推定と検定。相関分析と回帰分析の初歩。ここまで書いてあると自習者としてはすらっと読むことができる。ただ、最後の回帰係数の有意性の検定は説明が丁寧でなく、これでは分からない。検定仮説が|a*|>0なのはなぜか、回帰係数の分散が何を意味していてそのような計算になるのか、省略されてしまっている。ここ以外は実に完璧な本だ。電車の中で読むにはちょうどいい本だった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/522-55b0772f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。