Entries

加藤正和『かんたん!エンタープライズ・アーキテクチャ―』

かんたん!エンタープライズ・アーキテクチャ―UMLによる「業務と情報システムの最適化計画」の立案 (ビジネス図解シリーズ)かんたん!エンタープライズ・アーキテクチャ―UMLによる「業務と情報システムの最適化計画」の立案 (ビジネス図解シリーズ)
(2004/08)
加藤 正和

商品詳細を見る

かなりよくまとまっている。Enterprise Architectureについて、単に概念的なアイデアの紹介だけではなくてどういう成果物を作っていくのか、達成度はどのように測るのかを書いてあるのがよい。基本的に見開き2ページの左側で記述、右側で図解という形を取っているため、一つのトピックに対して情報が書き切れていなくて薄くなっていると感じるものもあった。

EAはどうも話が巨大すぎて、実践例があると言われてもリアリティがない。BAのPIMなんてすべてUMLで書くとしたら膨大になるし、そこまでのものを作るROIが分からず、その投資についてマネジメント層を説得するのは難しい。本書に書かれているEAはあくまでフルに展開されたもので、実際のプロジェクトではどこかで折り合いつけていくことになるはずだ。EAアプローチ自体はエンタープライズ以外でも応用されているようだし、少し実際的なものを見ていく必要がありそうだ。

統計学の本も知りたいポイントはだいたい読んだので、今度はITアーキテクト系の本を読む進めることにする。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/532-af9d7ced

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する