Entries

エリック・ガンマ、リチャード・ヘルム、ラルフ・ジョンソン、ジョン・ブリシディース『オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン』

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターンオブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
(1999/10)
エリック ガンマ、ラルフ ジョンソン 他

商品詳細を見る

GoF(Gang of Four)本として有名な名著。オブジェクト指向プログラミング言語におけるプログラミングのパターンをまとめている。プログラミングに関わる人ならともかくも読んでいるものだろう。プログラミングが上手な人はこうしたパターンを多く身につけている。日常言語の学習に置き換えれば、単に文法を学んだだけでは喋れるだけだ。すっきりした文章であるとか、詩的な文章であるとかをどうやって書くのかは、ある程度のパターンを学ぶ必要がある。いわゆる「文体」と呼ばれるものだ。

プログラミング言語でも事情は同じで、上手なコードはある種の「文体」を持っている。本書はそうした上手なコードのなかで使われる様々なパターンを抽象化してまとめている。要素単位でまとめられているので、実際の仕様にあたっては本書にあるパターンを組み合わせて使うことも多い。各パターンについて使用する場面、注意点などがまとめられていて理解しやすい。使用例についてはちょっと薄いかなという印象をもつ。パターンがジャンル分けされた中でアルファベット順に並んでいるのはあまり良くない。どれが重要なパターンなのかの見分けがない。adapterやiteratorといったパターンは特に意識されなくても使われるものだし、composite、factory、flyweight、singleton、strategyといったところは特に重要なものだろう。

サンプルコードはC++とsmalltalkで書かれている。個人的にはC++は分かるがsmalltalkは分からないので時に読み飛ばし。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/542-40543f7f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する