Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/576-bee0a4eb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

久納信之『強い会社はこうして作られる! ITIL実践の鉄則』

強い会社はこうして作られる! ITIL実践の鉄則強い会社はこうして作られる! ITIL実践の鉄則
(2007/06/12)
久納 信之

商品詳細を見る

ITILの概要について記したもので、とても評判の良い一冊。確かに概要レベルではかなりよくまとまっていて、ITIL入門としては最適だろう。執筆年代からITIL v2についてのもの。この本は各章について、基礎解説と一問一答との二つの部分に分けて書かれている。基礎解説ではITILの記述について語り、一問一答では実際にそれを使おうとすると何がポイントか、あるいはITILの解説で何がポイントなのかが記されている。この間読んだ、著者のITIL v3について書いた入門書はこの本のようなすっきりした構成ではなかったのが残念。

サービスデスクというITILの特徴的な概念の解説の後、インシデント管理、問題管理、変更管理、リリース管理、構成管理、サービスレベル管理、可用性管理、ITサービス継続性管理、キャパシティ管理、ITサービス財務管理とITILの主要な管理プロセスを解説している。最後にビジョンを持ってITILのプロセスを継続的に実行していくことの大切さを説く。分かりやすくとても良い本だ。折にふれて参照しよう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/576-bee0a4eb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

坂間 毅 (Sakama Tsuyoshi)

Author:坂間 毅 (Sakama Tsuyoshi)
数学の哲学を専攻して研究者を目指し、20代のほとんどを大学院で長々と過ごす。
しかし博士号は取らずPh.D. Candidateで進路変更。
哲学と特に関係なくIT業界に住んでいる。

別館:アマゾンのレビューページ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。