Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/579-26ae38a1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

稲盛和夫『生き方』

生き方生き方
(2012/07/01)
稲盛 和夫

商品詳細を見る

背筋の伸びる読後感。利他の心に徹すること、目の前の仕事に打ち込むこと、「ど真剣」に生きること。宗教的なところや非科学的なところには、つい気になってしまうけれど--Creative Design、二宮尊徳の評価、世界政府など--、そうすることに意味はない。心を磨く6つの精進を掲げておく(p.136ff)。

①だれにも負けない努力をする
②謙虚にして驕らず
③反省ある日々を送る
④生きていることに感謝する
⑤善行、利他行を積む
⑥感性的な悩みをしない

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/579-26ae38a1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

坂間 毅 (Sakama Tsuyoshi)

Author:坂間 毅 (Sakama Tsuyoshi)
数学の哲学を専攻して研究者を目指し、20代のほとんどを大学院で長々と過ごす。
しかし博士号は取らずPh.D. Candidateで進路変更。
哲学と特に関係なくIT業界に住んでいる。

別館:アマゾンのレビューページ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。