Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/581-fd33efef

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

官野厚『ITILの基礎』

ITILの基礎 -ITILファンデーション(シラバス2011)試験対応-ITILの基礎 -ITILファンデーション(シラバス2011)試験対応-
(2013/10/19)
官野 厚

商品詳細を見る

ITIL Foundation資格試験の対策本としてとても良い本だ。出題範囲となる事柄についてきれいにまとまっていて、理解が浅い場所を読み返すと期待通りに知識が得られる。欲を言えば練習問題がもっと充実しているとよかった。

単なる試験対策本を超えたところで感銘をうけたのは、サービスマネジメントの三階層構造がうまく書かれているところ(p.72-81)。戦略strategy、戦術tactics、運用operationというレベルの話が、それぞれ経営陣、顧客、ユーザという事業内のレベルに対応し、そしてそれをIT部門がサービスマネジメント、サービスレベル管理、サービスデスクという三つの機能によってサポートすることになる。逆に事業側からもたらされる要求のレベルが、それぞれビジネスケース、サービスレベル、サービス要求になる。この対応関係はITILだけでなく、ITサービスを理解する上でとても役に立つ。

その他、システムではなくサービスへの発想の転換、つまり顧客へのソリューションの提供から価値の提供への転換はいろいろと考えさせられる視点(p.112-114)。システムの構築でなくサービスの運用がポイントなのだから、設計の段階から運用が参加したり、DevOpsみたいな考え方が重要になってくるわけだ。ITILは問題意識がはっきりしているので、無味乾燥な整理や暗記にならず、とても納得しやすいし面白い。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/581-fd33efef

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。