Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/603-c7015651

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

森茂暁『南北朝の動乱』

南北朝の動乱 (戦争の日本史8)南北朝の動乱 (戦争の日本史8)
(2007/08/17)
森 茂暁

商品詳細を見る

戦争の日本史というシリーズで、南北朝時代について書かれたもの。書かれている時代としては、後醍醐天皇の一回目の鎌倉幕府倒幕運動である正中の変から、南北朝時代を過ぎて、足利義満の治世までに及んでいる。この時代を描こうとすれば、どうしても合戦を中心とした描き方になる。例えば建武の新政や足利政権の統治構造については、触れるところは少ない。半済令を通じて幕府と守護の権力の増大が語られるくらい。その意味では戦争の日本史のシリーズにあっているが、最後の足利義満のくだりはシリーズの趣旨から離れるだろう。

記述としては後醍醐天皇や足利一門を中心として、元弘の変、南朝成立、観応の擾乱、正平の一統、明徳の和約を通時的に描いている。ときおり、九州や陸奥の動きについても言及されている。特徴としては、単なる通史ではなくてその時代を動かした背景を探っているところ。後醍醐天皇や足利尊氏が出てきて、いきなり鎌倉幕府を倒したわけではなく、それを導くような時代背景があった。そうだからこそ、様々な人物が倒幕運動に参加したわけだ。例えば著者は、美濃国船木荘只越郷の惣領家と庶子家の確執を何度か取り上げ、日本社会にみなぎり始めた秩序や束縛からの解放願望を描いている(p.16-19)。さらに、観応の擾乱についても、それは足利尊氏と足利直義の単なる壮大な兄弟喧嘩ではない。これは全国的に蔓延していた急進派と守旧派の対立が爆発したものであり、それが急進派を足利尊氏、守旧派を足利直義に代表させて現れているのだ(p.68f)。第二次世界大戦後の冷戦構造のようなものだ。

合戦を中心とした記述の中では、僧がなした役割が目に留まった(p.130-139)。南北朝の動乱において僧は大きな役割を果たしていて、それは例えば護持僧という、その法力によって特定の人物を守護する役割を担った僧に見られる(いわば個人専属の祈祷師)。後醍醐天皇の護持僧である文観、足利尊氏の護持僧である賢俊が主要人物(双方とも真言宗の僧)。彼らは単なる宗教的活動をしたのみならず、朝廷と武家勢力をつなぐ役割、また軍事戦略上のアドバイス、果ては寺社勢力への影響力をもって軍勢を動員したりしている。護持僧の立場は魂の平安を願う通常の宗教行為でもなく、それまでの鎮護国家の観念のもとにもなく、当の本人たちにも困惑した感情があったようだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/603-c7015651

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。