Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/671-21cf08c2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

マルクス・アウレーリウス『自省録』

自省録 (岩波文庫)自省録 (岩波文庫)
(2007/02/16)
マルクスアウレーリウス

商品詳細を見る

古来、著名な本。ローマ皇帝にしてストア派哲学者のマルクス・アウレーリウスが、日々の反省の中から自分のために書き留めた警句集。基本的な線としては、過ぎ去った過去やまだ来ない未来に拘泥せず、現在いまの時点でなすべきことをなすことを目している。我々は欲にかられたり、他人に怒りを感じたりするが、そんなものは宇宙全体で考えれば小さなものでしかない。我々は長期的には皆死ぬ。どんなに名誉や財産を求め築いても、そうしたものは長期的に無に帰す。だからそうしたものに拘泥することなく、世界全体を支配する理性logosに従って生きるべきである、と。

記された年代にもよるのだろうが、基本的に老人の思想と見える。すでにある程度のものを成し遂げ、特に長い先の未来を気にすることなく、現在自分の持ちうる資源でやっていけるものの思想。そうした意味では自分にはあまり響くものがなかった。もっと年を取ってから読むものだ。

確かに訳者いわく、ここにはエピクテートスから思想的に新しい発展はない。また、本書を始めストア派の思想は基本的には自己陶冶、自己を規制し義務を果たさせる思想であって、新しい世界を拓いたり、活力を生み出すようなものはここにはない(p.223f)。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/671-21cf08c2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。