Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/697-85dde871

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

みやたひろし『インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門』

インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門
(2013/12/27)
みやた ひろし

商品詳細を見る

オンプレミスで外部に公開するサーバ環境を構築する際のネットワーク設計について。冗長性や高可用性に焦点を当てながら、現在スタンダートとなっているネットワーク技術を解説している。合わせて、実際にネットワーク設計を行う際に注意すべきポイントを述べている。現在のネットワーク技術について入門的概要を知ることができる。とてもまとまりがよく書かれており、分かりやすい。対象は初級のネットワークエンジニア、サーバエンジニア、サイト管理者といったところ。私自身はPMOの役割で関わっているプロジェクトで調達や設計の進捗、障害報告でネットワークの話題が上がる時があり、心許なさを感じていたので読んだ。極めて有益だった。

内容はOSI参照レベルに沿って、物理層から順々に解説される。その層で使われている技術や、冗長性や高可用性を確保するための方法がそれぞれ述べられる。様々なプロトコルがどういう仕組みで動いているのか、しっかり分かりやすく解説されている。内容は現在主流となっている技術、また過去に主流であっていまでもしばらくは残っていそうな技術について。最新の技術や、今後の動きなどの紹介はあまりない。例えばHTTP/2やSDNといった話題は無い。

様々な機能を兼ねるように進化しているファイアウォール(UTM: Unified Threat Management)や、負荷分散機能の概要などが現在の自分にはタイムリーに役立った。ネットワークに関わる人なら、エンジニアであろうがなかろうがまず読んでおくべき一冊だろう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/697-85dde871

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。