Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/709-afd099a4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

小浜耕己『基礎から学ぶプロマネ技術 必携マニュアル』

基礎から学ぶプロマネ技術 必携マニュアル基礎から学ぶプロマネ技術 必携マニュアル
(2010/06/17)
小浜 耕己

商品詳細を見る

プロマネ初心者向けに、その心持ちや目を配るポイントなどを場面ごとに書いた本。プロマネの判断が分かれる場面を具体的に小説仕立てで書いていて、イメージしやすい。また失敗例を中心に扱っていることがポイント。ベストプラクティスを書く本は多くあるが、落とし穴をきちんと書く本は少ない。重要なのは後者だ。

考えるべきポイント、アプローチ、目の配り方を書いている本なので、具体的な管理手法や管理帳票を載せているわけではない。後者は同じ著者の他の本がある。プロマネ初心者向けの本とはいえ、ここに書かれている事例は実にありがちなもの。自分でも気を抜くと陥りがちなパターンが多く、自戒となる。また過去の自分の失敗例が頭に浮かんで実感を持って感じた。

内容はプロジェクトマネジメントの基本となるQCD(品質、コスト、納期)を中心としている。ただ、物作りに偏重して何のためにやるのか目的を見失ってしまうことへの注意も大きい(p.28-37)。総じて、プロジェクトが何のためにあるのか、個々の管理行為が何のためにあるのかを考えることがメッセージとなる。テスト管理帳票でも様々な指標はあるが、ただ単に可視化してたくさん管理資料を作るのではなく、可視化の目的と、それによって問題が見えたときの対処を明確にする必要性が説かれている(p.114-125)。

プロジェクトマネジメントのやり方はそれぞれ。この本は親分肌、親和派、分析屋の3タイプに分けて、それぞれの落とし穴を書いている(p.90-100)。こうした点を注意しつつ、しっかりを考えていくために立ち返るにはよい本だ。初心者には出発点となるし、ある程度進んだ人には自分がありがちな過ちを導いていないか自問するきっかけとなる。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/709-afd099a4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。