Entries

フェルナン・ブローデル『地中海〈8〉』

地中海〈8〉 (藤原セレクション)地中海〈8〉 (藤原セレクション)
(1999/07)
フェルナン ブローデル

商品詳細を見る

ここから残り3巻は出来事としての歴史を扱う。本巻は二章に分かれている。第一章は1550-1559年を扱い、カール5世の治世の終わりから、フェリペ2世がスペインに定着するまで。第二章は1559-1565年を扱い、スペインとオスマン帝国の地中海を巡る戦いを描く。というわけで200ページ以上を用いておよそ15年の政治を描く。

細かい記述が多くて、この巻では議論がどこへ向かっているのかがよく見えない。出来事の歴史の部になって面白さが減ったようにも見える。

取り上げるポイント。第一章ではフェリペ2世がネーデルランドではなくスペインに戻ってきたことを、スペインの財政問題と絡めていること(p.96)。第二章ではスペインの寄与を認めない歴史家に抗して、1565年のマルタ島でのオスマン帝国防衛戦での、スペインの役割を強調する(p.219f)こと。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/731-70526f93

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する