Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/740-90b830f9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

塩野七生『ローマ亡き後の地中海世界2』

ローマ亡き後の地中海世界2: 海賊、そして海軍 (新潮文庫)

10世紀から15世紀くらいまでを描いている。相も変わらずイタリアを襲い続ける海賊と、それに対抗し始めるイタリア諸国を追っていく。こうもサラセンの海賊の襲撃が続くイタリアでは、ローマ時代には「海に沿う町は「地の利を得ている」とされていたのだが、中世ではそれが「不利」に変わっていたのである」(p.22f)。シチリア島を支配したイスラム勢力は、そのすぐ対岸にあるイタリア本土のレッジョを948年に征服。教会のいくつかはモスクに改造され、イタリア本土にモスクが現れる。南イタリアの公式上の支配者であったビザンチン帝国は963年に重い腰を上げてサラセン軍と戦うが、見事に完敗。神聖ローマ帝国のオットー2世もまた、982年、サラセン軍に完敗して逃げ帰る(p.27-33)。

こうした状況は10世紀になって微妙に変わり始める。サラセンの海賊と戦う主体はイタリア人自身が主体になっていく。それも、海軍主体となる。イタリア人はそもそも、海上での戦いがサラセンよりも得意だ。それは戦闘力というより、船の操縦能力に優れていた(p.37,96f)。その延長線上にノルマン人による南イタリア、シチリア島の征服がある。1017年の南イタリアのプーリア地方からビザンチン勢力とイスラム勢力を追い出し始め、それは1086年のシラクサの陥落に至る。この短い間で、しかも少ない勢力だったノルマン人が征服できたのはとても意外だ。その理由としては、イスラム勢力内に新旧イスラム勢力の内輪もめがあったこと、南イタリアやシチリア島にキリスト教とが多く残っていて征服に参加したこと、そしてピサとジェノバの海軍力の助けを得たことが指摘されている(p.48-50)。

このノルマン人が征服したシチリア島が迎えた平和が興味深い。イスラム勢力下ではキリスト教徒は存在を許されていたが、二級市民扱いで重税を課されていた。ノルマン人の元でのシチリア島では、イスラム教徒もキリスト教徒も完全に平等。それはノルマン人自体がこれら宗教の違いにさほどこだわりを持たなかったからだ。宗教の異なるものたちが、平和に共存できたこの時代のシチリアはまさに奇跡的であった(p.50-56)。それは、これもまたキリスト教信仰心はさほどでもなかったフリードリヒ2世を経て、フランスのシャルル・アンジュー、スペインのアラゴン家が支配する時代になると変わり始める。彼らの支配下でシチリア島はキリスト教の純化が進むことになる。シチリア島との関係を失ったイスラム勢力は、再び海賊としてシチリア島を襲撃に訪れることになる(p.102f)。

この時代には、聖都奪還という壮大な目標を掲げた十字軍の時代だ。それに引き替え、海賊に拉致されて北アフリカで過酷な奴隷生活を送っている一般のキリスト教徒にはあまり目が向けられなかった。例外は1270年、第8回の十字軍だ。そこで、救出修道会と救出騎士団という、二つの国際的な任意団体が北アフリカのキリスト教奴隷の解放に尽力したとして取り上げられる(p.143-145)。この二つの団体は1200年を挟んで相次いで設立された。それぞれ、何回にもわたって大きな成果を上げている。特に騎士団の方は資料も多いらしく、詳細に書かれている。この騎士団は国家による支援もなく、557年間にわたって活動したというから驚きだ(p.220)。しかし、1480年頃には彼らの活動に不評が溢れるようになる。それは、金銀と交換に奴隷を解放させたため、身代金稼ぎの海賊が逆に増えたこと、そして身代金でイスラム世界が豊かになったことが理由だった(p.216f)。

本巻でもサラセンの海賊に対するキリスト教徒側の反応を主に見ていて、特に名も無き庶民が多く奴隷化されたことへの権力者の無視、そして救出団体という草の根の運動を取り上げている。その時代に生きた人への視点としてとても面白い。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/740-90b830f9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。