Entries

中島真志『SWIFTのすべて』

SWIFTのすべて
金融機関(銀行や証券会社など)のITインフラで有名なSWIFTについて、歴史や構造、今後の展開を含めて網羅的に記した本。SWIFTに関する本としてはほとんどこれ一冊と言っていい。SWIFTに関わることはひとまず触れるように書かれているので、それぞれの読者の関心からすると記述が薄いような印象も受けるだろう。銀行のITインフラへの関心からは、証券取引に関する記述や一般事業会社への展開の話は関心が薄い。

肝心なのはSWIFTの中核をなすメッセージ規格だが、案外その記述は少ない。MT/MXメッセージについての記述はあるが、サンプルを提示せずに構造を述べているのでなかなか読みにくい。どういう場合にどのメッセージが使わるのかといった、実際のSWIFTメッセージの使われ方は少なくて、あくまで構造的な全体像を述べている。

全体像をつかむために一通り読んでおく必要のある本。その後は読者の関心にそって様々だろう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/790-2e6ac4cd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する