Entries

梅原猛『仏教の思想 <上>』


それは、今や仏教は重要な思想的意味をになっているのに、まだ仏教は、わが国の多くのひとびとに、あまりにも知られていない。仏教の思想の中には、多くの宝が隠されているのに、その宝にういて、わが国のひとびとは、まったく無知なのである。もしも、多くの仏教学者が、未発掘の宝石を見いだす真理の坑夫であるならば、その宝石を、日本の多くのひとびとに伝える宝石の展覧人が必要なのではないか。(p.18f)

もともとは十二巻本で出た『仏教の思想』という叢書のそれぞれに付された、著者による解説をまとめたもの。こうして(上下巻だが)一冊の本となっているが、内容は章に分かれてそれぞれバラバラだ。しかも各章ともに、もともとその巻にあった内容に合わせて書かれているので、これだけを読むとどうも完結しない。

第一章は仏教の意義を著者が推察している。仏教といっても小乗・大乗の区別から、顕教・密教、禅や念仏など多様。インドや東南アジア、チベットまで考慮入れればさらにだろう。そうした様々な仏教を通じて普遍的で、根本的な概念とは何か。著者は生死、慈悲、業の三つがそれだと言う(p.33)。この三つの概念を、西洋思想の根底にあるソクラテスやキリストと対比させて論じる。この箇所は、著者独特の専断や直感的な類推を含むものの、読みやすい。例えば生死について言えば、ソクラテスとキリストの死のシーンはそれがまさに思想のクライマックスになるようなものだ。それに対して、釈迦の死は穏やかで目立たないもの。弟子たちによって脚色されることもない(p.41-44)。また慈悲については、キリストの愛と比較。キリスト教の愛はユダヤ思想を引き継いでいると見ている。それは、ヤハウェの嫉妬深さ、非信者に対する怒りを伴う愛だという。仏教の慈悲にはそのような排他性がない、と(p.74-89)。この見解はだいぶ行き過ぎに見える。

この後の章は、もともとの各巻が対象としていたテキストに対する著者の考えや、それぞれのテキストの原著者の伝記を述べたもの。法華経を叙事詩として見て、釈迦が古来の仏と同一と詠い、永遠性に到達する物語と見たり(p.144-149)。曇鸞による中国浄土教における阿弥陀仏のイメージは、大乗仏教の空論・ニヒリズムから、絢爛豪華な阿弥陀仏のロマンティシズムへの展開という評価だったり(p.330-334)。例えば阿彌陀仏の絢爛豪華さについて言うなら、真言のマンダラの鮮やかさが対比されるべきだろう。

最澄についての評価は高い。これは納得。天台仏教は同時代ではすでにとっくの昔、中国において廃れ、田舎で生き残っているだけの仏教で、最先端の仏教は華厳仏教だった。日本で天台仏教が根付いたのは最澄がいたからだ(p.179, 184)。また、最澄が成立に向けて後年命を削った大乗戒。この一向大乗戒の特徴は道徳の内面化であり、ここにおいておそらく初めて内面道徳が確立された。一向大乗戒は最澄の純潔の精神と、堕落した南都仏教への痛烈な批判を表している(p.191-196)。

総じてこの本はもともとの叢書を補完するものであり、独立して読んでもいまひとつ。下巻はどうしようかな。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/884-af3a09c5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する