Entries

和田秀樹『「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣』


内容はタイトルの通り。9つの習慣は、(1)とにかく動く、(2)できることだけやる、(3)他人に頼る、(4)計画しない、(5)休む、(6)失敗してみる、(7)感情にしたがう、(8)真似する、(9)法則をみつける。

世の中に完全に予測できることはなく、つねにあらゆることはリスクを伴っている。しかしリスクを気にしてばかりでは前に進めない。前に進めなければ、何の結果も得られない。リスクに対しては適切に損切りをすることにより、完全ではなく安全を確保する(p.31-34)。リスクを気にして不安になって動けないことへの一番の薬は、動くことだ(p.24)。

ともかくも行動してみることが重要なのだから、好きなことだけ、好きな順にやってしまおう(p.56f, 64-68)。そうすれば気分良く課題が片付いていくし、無理なものは結局なんとかなるものだ。ただ、はじめから好きなことだけをできるようになった人はいない。好きなことだけができる環境を整えるように動いていくことが必要(p.170-173)。そのためには、適切に人の力を借りる、人に頼ること。これが一番のポイントかもしれない。人に頼るのが上手い人がいる。一方、自分で何でも抱え込んでしまう人もいる。小さなことをお願いすることで、他人に頼ることを練習してみよう。他人に頼れる人が結果を生む。できなくて当たり前なのだから、素直に人にお願いすることを体得すること(p.100-104)。

それでもなかなか行動に移せなくなっているときは、疲れていることを疑おう。そしてすぐに休む。休んでなにもしないでいると、やがて何かしたくなるものだ(p.126f)。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/907-b65a27a7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する