Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/926-fd8dbd27

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ピエール・バレ、ジャン・ノエル・ギュルガン『巡礼の道 星の道』


フランス人ジャーナリスト2名による、サンティアゴ・デ・コンポステーラへの聖地巡礼について。著者自身もフランスのヴェズレーから1700kmの巡礼行を50日かけて行っている。その過程の日誌は本文ではなく、巻末に補遺のように収められている。本文にはおおむね12~18世紀の文献から、巡礼を行った人々や、巡礼行の経由地の様子について書かれている。

私にとって面白かったのは著者たちの日誌のほうだった。これは1977年に行われているが、本文で扱われる時代との落差が面白い。アスファルトにすっかり覆われ、あるいは大きな道路によって分断された巡礼の道。足への疲労は、現代ではしっかりした靴があるとはいえ、かなり大きい。フランス国内ではコンポステーラへの巡礼について知っている人が少なく、浮浪者や不審者扱いされる。野宿するに軒先を借りようとも断られ続ける次第。巡礼者に対して食事や宿泊を振る舞った昔の時代とはまったく違う。はては修道院にさえ、冷たくあしらわれる。。。

本文はあまり時代を区切って書かれていない。また、巡礼路にしたがって書かれているというより、トピックごとに書かれている。例えばどんな人が巡礼に出かけたのか。請願や悔誓願や悔い改め、病気の治癒といった伝統的な理由(p.20-26)から、ごたごたから逃げるための口実としての巡礼、他人に代わって代理で巡礼するビジネス(p.27-32)、または懲罰としての巡礼(p.32-35)。もともと本書の原題は巡礼者に声掛けするお決まりのセリフ、「私達のためにコンポステラで祈ってください」。

巡礼が盛んになるについて、道や橋が整備される。こうした整備を寄進するのもまた、巡礼に携わる一環となる。巡礼路に潜む危険、盗賊や山賊たち、あるいは無理解・無関心な非キリスト教徒たち。本書はフランス人の視点から書かれていることもあって、フランス国内からピレネー山脈を超えてスペイン国内につながる巡礼路が大きく取り上げられる。スペイン国内に入ってからナバラ地方、カスティーリャ地方、ガリシア地方に至る巡礼の主要路は、カミーノ・フランセス(フランスの道)と呼ばれている。

カミーノ・フランセスに殺到するフランス人たち。最盛期には巡礼路の小さな村々を一日あたり1000人が通過していったという(p.244)。カミーノ・フランセスが定着した12・13世紀、巡礼者目当てのビジネスも盛んになる。カミーノ・フランセス沿いの街を席巻し、地元の人々を辟易とさせるフランク人の商人たち(p.89-92)。

本書は歴史家でなくジャーナリストということもあるが、歴史的な整理はあまりされていない。トピックごとの記述がメインで、そのトピック内での移り変わりや位置づけなどは見えてこない。クリュニー修道院のサンティアゴ宣伝による定着とか、いわば「公式」の歴史は本書にはなく、数世紀にも渡る「巡礼の時代」における民俗誌となっている。そのため、もっと広範な視点での記述を期待するとやや肩透かしにあった。サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼は、ペスト、宗教改革により一時衰退するが、やがて対抗宗教改革を経て17世紀に再び盛んに(p.244-252)といった大づかみのストーリーをまずは見たかった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/926-fd8dbd27

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。