Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/928-067706be

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

渡部哲郎『バスクとバスク人』


スペインのバスク地方の研究で有名な著者が一般向けに記した本。ほぼバスク地域の歴史について時系列順に記している。読みやすい形態でもあるので、バスク地方の歴史についてしっかりしたことを知りたければ、最良の選択になる本だろう。

バスクといえば19世紀以降のバスク民族主義が有名。しかし著者は「多様化するスペインと民族を前面に出した一元支配を固持するバスクという、今日の地域紛争の構図にフレームアップするのは短絡的である」(p.25)として、バスクを民族主義の点からのみ見ることを戒めている。この本で見られるのは、それ自体多様であり、また外の世界に向かって広く開かれているバスクの姿だ。

そもそもバスクは現在はバスク自治州としてスペインの一部となっている。こうした行政区分としてのバスク自治州はエウスカディと呼ばれ、これとは区別してバスク語を話す人たちの地域をエウスカレリアと言う(p.23, 28f)。バスク語地域としてのエウスカレリアは、現在のバスク自治州を超えるのみならず、フランス南部にまで及んでいる。ただし、その統一性はバスク語にほぼ限定され、例えば国境を挟んだスペインバスクとフランスバスクの統一性はあまり見られない。

このバスク人の起源は、インド・ヨーロッパ語族に属さない独自のバスク語とともに謎が多い。バスク人をピレネー山脈周辺に居住していた原生人類クロマニヨン人を祖先とする集団であるとする仮説が、断定的に論じられている(p.30-35)。実際はそのバスク語の起源とともに、北アフリカからジブラルタル海峡を渡ってきた人たちではないかという仮設が立っている(p.36-43)。

バスク人の特徴をなすのは、カセリオという、家を中心とするバスクの農村共同体だ。こうした小さな共同体が形成されたのは、バスク人が山がちな土地に散在して生活してきたためとされる。カセリオは家の長子が相続する仕組み。この長子相続の仕組みは、長子でないバスク人が外に進出する要因ともなった(p.57-63)。こうしてバスク人は、広くヨーロッパや海外に進出する。大航海時代を始めとして、海外に進出したバスク人が取り上げられている。また1728年に、フェリペ五世がベネスエラのカラカスとの間で設けた定期航路の存在が面白い。半世紀以上、ベネスエラはバスク人の移民先であり、バスク人の経済植民地であった(p.92)。しかし、バスク人が作り上げた海外やヨーロッパのネットワークは、フランス革命や植民地の独立運動により、統一したまとまりをなす前に個々人の資質に還元されていった(p.95f)。

バスク自治州の中心をなすビルバオ(バスク語ではビルボ)は、ビスカヤの鉱山から採鉱される鉄で古代から有名。シェイクスピアの作品にも登場する。1848年には最初の高炉が建設される。1930年にはスペイン全体に対するシェアは、粗鉄生産で78%、鉄鋼生産で74%、造船71%などだ。大きな資本を必要とするこれら産業を目当てに、金融業も大いに発展した(p.106)。こうした鉱工業の発展は、農村や他地域からの人口流入を招き、バスクの土台であったカセリアの変質を結果した(p.103-108)。

スペイン内戦で共和国側についたバスクは、フランコ将軍側による激しい攻撃、戦後の弾圧を受ける。スペイン内戦によるバスク人の疎開先となったのはメキシコ(p.140-142)。他のラテンアメリカ諸国が受け入れなかったのに対し、メキシコは例外的。さらに、バスク亡命政府はアメリカへ移った。アメリカの東海岸と西海岸の温度差が描かれる。自治奪回に向けた政治的議論は東海岸でなされた(p.142-149)。こうしたバスク人の海外ネットワークは現代に近くても活きる。グッケンハイム美術館のビルバオへの誘致(1997年開館)にあたっては、かつての海外移住によって広がったバスク人脈が活かされたという(p.201)。

最後に、バスク民族主義の創始者サビーノ・アラナのバスク語理解が、バスク語を話すバスク人というより、カスティーリャ語を母語とするビルバオ人の発想ではないかという、バスク語言語学者クルトゥビッヒの指摘は興味深い(p.185-188)。ビルバオではビルバオ方言のカスティーリャ語が話されていた。こうしたエスニシティを巡る権利主張は、しばしばその中心からではなく、外部との比較視点をもつ周縁から生まれる。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/928-067706be

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。