Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/933-34cb1ede

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

岩根圀和『物語 スペインの歴史』


テンポの良い読みやす一冊。およそ15世紀から17世紀、スペインの黄金時代を中心に、その歴史の一コマを物語調で書いている。扱われるテーマは、スペインの歴史の有名なポイント。イスラムによるイベリア半島侵攻、キリスト教徒による国土回復運動、レパントの海戦、地中海のイスラム海賊に拿捕されて捕虜となったセルバンテス、スペイン無敵艦隊とイギリスとの海戦。最後には第二次世界大戦後のスペインとして、国民的詩人ガルシア・ロルカの処刑、フランコ死去による王政復古、そしてETAによるテロ活動が扱われている。最後の章はやや散発的でまとまりを欠く。

イスラム侵攻については、イベリア半島側からも歓迎の向きがあったというバランスの取れた記述がみられる。476年に西ローマ帝国が滅亡した後にイベリア半島を治めた西ゴート族は、8世紀になると王位継承をめぐって内紛を悪化させる。王座をめぐる貴族間の党派争いで国内は疲弊していく。イベリア半島からアフリカに難民として脱出する者も多くみられた。イスラムのイベリア半島侵攻は、庶民にとっては救い主としての見方もあったとのこと(p.6-9)。

国土回復運動、レコンキスタについてはもちろんグラナダ開城をめぐる経緯を描く。コロンブスの新大陸への出航は、このグラナダ開城を待って落ち着くのを待たされていた。とはいえ著者の記述の多くはレコンキスタの経緯というよりは、それに伴う、あるいはその後のイスラム教徒とユダヤ教徒への迫害に充てられている。レコンキスタはイスラム教徒との戦いではあるが、キリスト教としての統合の過程でユダヤ教徒も排除されることになる。ユダヤ教徒の追放令は1492年に出ており、これはイスラム教徒の追放令の1609年より早い。いくつかの理由は推測されているが、なぜユダヤ人追放を急いだかの理由は明確でないという(p.67)。そして異端審問所の恐ろしさが、異端と断定された人への残忍な処置の様子とともに描かれる。その筆致はなかなかリアル。この異端審問所はほとんど秘密警察である(p.68-77, 80-92)。

レパントの海戦は司令官ドン・フアン・デ・アウストゥリアを中心に、セルバンテスを副として描かれる。海戦線に至るまでの経緯が簡潔に描かれ、海鮮そのものの様子はまるで戦場を俯瞰する記録者がいたかのように細かく書かれている。ドン・フアンの主力部隊、ドーリア率いる部隊、セルバンテスの属する部隊の動きが追われ、鮮やか筆致といえる。著者はセルバンテスを中心とする文学研究者のため、いきおい詳細な記述となる。

レパントの海戦の後、スペインに戻ろうしたセルバンテスはイスラムの海賊に拿捕され、アルジェで5年に及ぶ捕虜生活を送る。最終的には身代金との引き換えに開放されるのだが、それまでに4回にもわたる脱走計画を企てる。よくぞ処刑されなかったものだ。この過程もなかなかリアルで、ドラマを見るよう。

ハイライトの最後はスペイン無敵艦隊について。とはいえ、対イギリス海戦の敗北について。そもそも無敵艦隊の出航前に1587年、ドレイクがカディス港を襲ったことが大きな痛手となる。出港準備を済ませていた艦隊や補給物資が失われただけでなく、食糧貯蔵用の樽を製造するための板材が濡れたことが挙げられている(p.209)。急ごしらえの生乾きの板材で作られた樽は、水を腐敗させ食糧をカビさせた。このことが後の海戦で不利となる。補給物資の再調達にあたる官吏として、スペインに戻ってきたセルバンテスが登場する。無敵艦隊を率いたシドニア公爵は歴史的に不評。著者の評価は、シドニア公はカレーでパルマ公の軍勢との合流を待っていたゆえの、イギリス艦隊を直接攻撃しなかった行動とみている。この海戦の様子の描写もなかなか面白く、著者は戦闘シーンを描くのがうまいと見える。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/933-34cb1ede

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。