FC2ブログ

Entries

千葉潤『ショスタコーヴィチ』


屈折した作曲家ショスタコーヴィチについて、その生涯と作品を概観した入門書。ショスタコーヴィチの音楽は相当に複雑だが、謎解きのように面白い。ソビエトで国民的な人気を誇ったショスタコーヴィチは、スターリンを始めとする体制との妥協に満ちている。一見して体制に迎合したように見える音楽にも様々な仕掛けや裏切りがある。迎合した作品とは別に手元に留め置かれた私的な作品がある。また、数多くの映画音楽がある。「いつになっても、ショスタコーヴィチの創作の糧は、やはり風刺とパロディだった」(p.138)。

ショスタコーヴィチの生涯を誕生から丁寧にたどりつつ、各作品とそれに込められた意味を探っていく。生涯の概観とは別に、交響曲、弦楽四重奏曲、オペラについては全曲の解説がある。ペトログラード(後、レニングラード、現、サンクトペテルブルク)生まれのショスタコーヴィチは幼い頃から、驚異的な初見力と暗譜力があった。そうした才能と、作曲の音楽性をグラズノフが認め、ペトログラード音楽院に13歳で入学する(p.16)。ただ、グラズノフはショスタコーヴィチの音楽を気に入ってはいないところが面白い(p.27)。自分の次の世代の天才が登場したことを素直に認めたということだろう。

交響曲第1番の大成功(1926)でショスタコーヴィチは一躍、ソビエト音楽会の寵児となる(p.34f)。次のターニングポイントはオペラ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』(1934)だろう。いくつもかのオペラの失敗作の後、このオペラでショスタコーヴィチの名声は頂点に至る。その音楽はオッフェンバックのオペレッタ、ムソルグスキーの民衆劇、ワーグナーの重厚な管弦楽法、ベルク風の表現主義などのユニークの混合物。しかし猥褻な場面を含むこのオペラがプラウダ批判(1936)の対象となる(p.57-62)。ここからショスタコーヴィチの苦悩は深まっていく。プラウダ批判に続く、親類や友人たちの追放や粛清。交響曲第4番は初演前にして中止させられる。交響曲第5番(1937)の大成功によってショスタコーヴィチは復活するが、そこに込められた引用とアイロニーはスターリン体制への反逆を含むと解釈される(p.80f)。

第二次世界大戦後にも『マクベス夫人』は再び、ジダーノフ批判(1948)のやり玉に上がる。しかしジダーノフ批判のあと、なぜスターリンは1949年に演奏禁止を撤回してまでショスタコーヴィチをニューヨークの世界平和文化科学会議に連れて行く。ここは何の解説もなく、ちょっと物足りなさを覚える(p.121f)。

死後の評価では若干のページを割いてヴォルコフの証言と、それがもたらした呪縛について書かれている(p.178-182)。ソビエトの体制的音楽家として見られていたショスタコーヴィチを、反逆者の側面も持つ二重言語の使い手として描いたヴォルコフの本は真偽について論争が多い。いまでもショスタコーヴィチが何を考えて、何を託して作曲したのかは読み解くのが難しいだろう。

初演撤回のまま隠された交響曲第4番、胡散臭いほど勝利を歌い上げた交響曲第10番、理解者ソレルチンスキイの死と重ねて書かれた時代へのレクイエムであるピアノ三重奏曲二番、遺作となったヴィオラ・ソナタあたりをじっくり聴いてみたいと思った。また、1930年代の初めからサッカーにのめり込み、サッカー台帳を作成、そのデータ分析は専門家からも一目置かれていたなんてエピソード(p.82)も面白い。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/971-4fdf9d51

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する