FC2ブログ

Entries

指昭博『図説 イギリスの歴史』


多くの図版とともに語れられるイギリス通史。ローマ以前の先史時代から、2014年のスコットランド独立住民投票まで。政治を中心として、イギリスの統治の移り変わりが述べられている。面白く書いたものではないが、読みやすくまとまっている。ローマの属州からの独立、フランスやオランダとの抗争。それによる戦費の負担への議会の反発。本書ではあっさりとしている国教会の成立から引き続くカトリック迫害、アイルランド問題。

記述は冷静。薔薇戦争に勝利してテューダー朝を創始したヘンリー7世の行った、様々な歴史的正当化の指摘。同じテューダー朝の最後の王であるエリザベス1世の時代を輝かしいものと見ることへの留保。アイルランドのジャガイモ飢饉とイングランドの横暴、それによる海外移民の急増など。

ざっと流れを知るにはよい一冊。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://exphenomenologist.blog100.fc2.com/tb.php/985-dc3c29c8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する