Entries

総務省『情報通信白書〈平成26年版〉』

情報通信白書〈平成26年版〉(2014/07)総務省商品詳細を見る情報通信業界のざっとした概観をしたくて読んでいた。情報通信業界でどんなトレンドがあり、どんなプレイヤーがいて、どういうビジネスが行われているか、網羅的に書かれている。日本の例はもちろんのこと、海外事例もかなり追っているのが印象に残った。統計結果やアンケート結果からする動向も、意外な結果も思ったのと同じ結果もデータによってきちんと説明されるので...

小浜耕己『基礎から学ぶプロマネ技術 必携マニュアル』

基礎から学ぶプロマネ技術 必携マニュアル(2010/06/17)小浜 耕己商品詳細を見るプロマネ初心者向けに、その心持ちや目を配るポイントなどを場面ごとに書いた本。プロマネの判断が分かれる場面を具体的に小説仕立てで書いていて、イメージしやすい。また失敗例を中心に扱っていることがポイント。ベストプラクティスを書く本は多くあるが、落とし穴をきちんと書く本は少ない。重要なのは後者だ。考えるべきポイント、アプローチ、目...

小浜耕己『図解で磨くプロマネ技術 実践マニュアル』

図解で磨くプロマネ技術 実践マニュアル(2009/04/02)小浜耕己商品詳細を見るこれは非常に役に立つ。プロジェクトマネジメントで用いる様々な管理文書について、その勘所を書いたもの。しかもそれらはただ単に適切な例を示すのではない。最初によく陥りがちな悪い例を示して、そのどこか悪いか逐一ポイントを挙げて説明している。ここまで手取り足取りなのはなかなか見ない。自分でもよく陥りがちなところが適切に指摘され、それが...

みやたひろし『インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門』

インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門(2013/12/27)みやた ひろし商品詳細を見るオンプレミスで外部に公開するサーバ環境を構築する際のネットワーク設計について。冗長性や高可用性に焦点を当てながら、現在スタンダートとなっているネットワーク技術を解説している。合わせて、実際にネットワーク設計を行う際に注意すべきポイントを述べている。現在のネットワーク技術について入門的概要を知るこ...

スコット・アンバー、マーク・ラインズ『ディシプリンド・アジャイル・デリバリー』SELECTION)

ディシプリンド・アジャイル・デリバリー エンタープライズ・アジャイル実践ガイド (Object Oriented SELECTION)(2013/06/22)Scott W. Ambler、Mark Lines 他商品詳細を見るエンタープライズアジャイルの方法論。ERPのような企業全体に及ぶエンタープライズの規模のソフトウェア開発をアジャイルで行うにはどうしたら良いか。基本的な考えとしては、開発に先立つアーキテクチャの構築に重きを置くこと、ガバナンスをしっかりするこ...

ゴイゴ・アジッチ『インパクトマッピング』

IMPACT MAPPING インパクトのあるソフトウェアを作る(2013/12/19)Gojko Adzic、ゴイコ・アジッチ 他商品詳細を見るソフトウェア導入のゴールを明らかにし、ステークホルダー間で共有するための手法について。ゴール指向型で考えるための技法。ちなみに開発implimentationでなく導入deliveryと言うのもステークホルダーの価値について考えるため。ソフトウェア開発においてはゴールの共有が重要だ。何のために開発しているのかは見...

Ivar Jacobson, et al. "The Essence of Software Engineering"

The Essence of Software Engineering: Applying the SEMAT Kernel(2013/01/11)Ivar Jacobson、Pan-Wei Ng 他商品詳細を見る(以下、loc.はkindle版のlocation numberへの参照)ソフトウェア工学の有名人たちが作った団体SEMATの最初の本。SEMATは現状のソフトウェア開発を、開発手法は様々に乱立しているし、開発の現場と研究者の疎通も悪いと評価。この状況を改善すべく、様々なソフトウェア開発論に共通する本質(essence)を求め...

バリー・ベーム、リチャード・ターナー『アジャイルと規律』

アジャイルと規律 ~ソフトウエア開発を成功させる2つの鍵のバランス~(2004/08/05)バリー・ベーム、リチャード・ターナー 他商品詳細を見るシステム開発において、計画駆動型手法とアジャイル手法をどう使い分ければ良いか指針を示した本。とてもよく書けている。アジャイル手法は普及してきている。とりあえずアジャイルでやらねばならないのではないか、時代遅れではないかと考える向きもある。そんなことは無くて、計画駆動型...

伊熊昭等、鈴木安而、海部雅之『PMPパーフェクトマスター』

PMPパーフェクトマスター―PMBOK第4版対応(2010/04)伊熊 昭等、鈴木 安而 他商品詳細を見るそろそろPMP試験対策でも始めようかと思って、まずは昔買っておいたものを読んだ。現行のPMBOKは第5版なので、この内容は古い。新しく第5版対応のものを買いなおす予定だ。内容としてはかなりすっきりまとまっており、少なくともPMBOKよりは読みやすい。単純なPMBOKの解説でなく、試験に出やすいポイントも拾っている。また、PMP試験はPMB...

前川直也、西河誠、 細谷泰夫『わかりやすいアジャイル開発の教科書』

わかりやすいアジャイル開発の教科書(2013/03/28)前川 直也、西河 誠 他商品詳細を見る自分には分かりやすくなかった。共著とはいえ日本でアジャイルを進めてきた第一線の人たちが書いているし、書きぶりもかなり平易だ。なにより著者の熱い思いが伝わってくる。逆に熱い思いが先行してあれもこれも語ろうとし、全体のピントがぼやけて空回りしている感がある。わかりやすいアジャイル開発の教科書なら『アジャイルサムライ』か『S...