Entries

近藤光男他『基礎から学べる会社法 第2版』

基礎から学べる会社法 第2版(2010/03/20)近藤 光男、石田 眞得 他商品詳細を見る会社法の入門概説。法学部の大学1年生向けの教科書と言ったところ。基本的な論点を押さえている、まさに教科書。個人的には会社設立にあたっての規定が興味を引いた。まだ法人として存在していない会社に対して、発起人などがどのような責任を負うか。結局法人として成立しなかった場合の損害はどうするのか、など。...

芦部信喜『憲法』

憲法(1993/02)芦部 信喜商品詳細を見る日本国憲法を概説したもの。適宜、他国の憲法や大日本帝国憲法にも触れる。憲法に記載された様々な権利に関して、それを巡って争われた裁判を参照しつつ、様々な解釈を紹介していく。学説の押しつけにならず、「~という説が有力である」という形で書かれる。著者の意見も披瀝されるが、基本的に中立を目している。この分野には疎いので基本的な事項から学ぶことが多かった。例えば日本国憲法...

山根裕子『知的財産権のグローバル化』

知的財産権のグローバル化―医薬品アクセスとTRIPS協定(2008/03)山根 裕子商品詳細を見る主に医薬品を巡る知的財産権の状況について。特に、「主な知的財産権について、最低基準の保護を義務付け」(p.62)た、1995年のTRIPS協定と、ジェネリック医薬品について。TRIPS協定は先進諸国の主導で、知的財産権を保護するものだった。しかし、2001年のドーハWTO会議では、途上国の意見が反映される。特許があっても一定の条件でその効力を...