Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松尾信一郎ほか『ブロックチェーン技術の未解決問題』


ITセキュリティの専門家たちによるしっかりした一冊。ブロックチェーンの熱狂に踊らされることなく、その技術的問題点を簡潔に指摘している。今年出た本だが執筆時点はそれよりも前。この話題は発展が凄まじいので、もう古い、あるいは解決されてしまった問題もあるのだろう。

現状のブロックチェーン技術の問題点は4つにまとめられる(p.49-54)。(1) セキュリティ要件が明確でなく、実装の安全性も担保されていない。(2) 鍵の有効期限の管理がないし、暗号技術の危殆化に対処する仕組みがない。(3) 誰もが台帳を共有できる仕組みのため、データサイズを大きくできずスケールしない。(4) 合意済みのアップデート結果があとで覆る可能性が残っている。

セキュリティ要件については、暗号技術ベースのシステムを5つのレイヤーに分けて考える視点が分かりやすい(p.162-170)。それは数学的暗号理論による暗号技術そのもののレイヤー、通信技術と相まった基盤プロトコルのレイヤー、ビジネスロジックが入った応用プロトコルのレイヤー、それらをプログラムで実装する実装のレイヤー、そして継続的に改善していく運用のレイヤー。セキュリティを保つには、それぞれの問題がこれらのレイヤーに分離されていて、各レイヤーがそれぞれでセキュリティを確保すること。ビットコインの問題点としては、システムの改ざんを防ぐセキュリティ機能がより高次のレイヤーであるビジネスロジックにマイニングとして組み込まれていて、セキュリティがうまくレイヤー分けできないことが挙げられる(p.166)。

鍵の安全性については、PKIの仕組みとの対比の記述が明確(p.126-130)。PKIは誰が署名したかを明らかにする意図で、人に紐付いていると言える。だがブロックチェーンの鍵はトランザクションの生成権利であって、人というよりは資産そのものに紐付いている。同じように公開鍵暗号の仕組みだが、その使われ方が異なっている。またPKIは認証局があるので鍵を無効にできるが、ブロックチェーンでは無効にできない。

スケーリングについてはビットコインを主な例として、SegWitなどによる拡張の試みが扱われる(p.101-107)。執筆当時よりはるかにトランザクションも増えており、ここはアップデートが激しいところだろう。

脆弱性はかなり重要なトピック。ビザンチン将軍問題が扱われる。ただこの解説(p.86-92)はビットコインの原論文がビザンチン将軍問題を解決しているかどうかを追っていて、面白くはないし、あまり意義も感じない。原論文がどうかではなく、解決できる仕組みが考えられているか、どう取り組まれているかを述べたべきだ。それよりはビットコインに対する具体的な攻撃の可能性として挙げられる、selfish miningによるマイニングの独占、fast paymentによる二重支払い攻撃、inventoryメッセージによるDoS攻撃の三つの例が分かりやすい(p.110-118)。これを読むと、たしかに単純に解決可能な課題ではないように見える。

技術的話題のほかにも一般的な熱狂に対する注記も多い。例えばビットコインは決済手数料が法定通貨に比べて安いので、国際送金に使う例が見られる。しかし、マイニングの報酬としての通貨発行益を考えると、ビットコインは実はトランザクションに対して数千円の費用がかかっている。これはクレジットカードや銀行の決済手数料と比べれば十分高額だ。ビットコインの決済手数料が安いのではなく、ユーザーが負担してないだけだ(p.41, 96)。

バートン・マルキール『ウォール街のランダム・ウォーカー』


とても有名な本。株価の動きはランダム・ウォークみたいなもの。それを何とか分析して方向を読み、利益を上げようとするのは愚かな行為。チャート分析、ファンダメンタル分析、スマートベータなど株価分析の手法をそれぞれ批判。結局は低コストで税法上最も有利な、時価総額加重の市場インデックス・ファンドを運用の中心に据えるべきだ(p.361f)という結論に至る。

確かに株価分析の無効性にはそれなりに納得するものの、自分にはあまり身もふたもないような議論に感じ、あまり面白くなかった。ランダムな株価の動きは、ときにパターンが見えてしまうのは事実(p.184)。時系列分析で単位根検定が必要な理由。

チャート分析については特に目の敵にしたように冷たい態度(p.169f)。チャート分析は二点の根本的な困難があると言う(p.143, 200)。まず第一にトレンドが形成された後にしか投資しないので、常にタイミングを取り逃がす。第二に、みんなが同じシグナルに対して同じ行動をとれば、この手法は成立しないので自己矛盾となる。科学的な見地からはチャート分析は錬金術と大差ないもの。テクニカルアナリストがそれでも存在するのは、この分析は銘柄間の乗り換えを推奨するので、証券会社に手数料収入をもたらすからだろうという(p.196f)。過去のある期間をとって株価の推移を調べれば、必ずと言っていいほど有効な投資戦略が見つかってしまうものだ。だがそれは異なる期間でテストされていない(p.198f)。すなわち、過学習の結果だという。

ファンダメンタル分析にも難点が3つ(p.159f)。まず、分析の基となっている情報や別の分析が正しいとは限らない。二つ目に、アナリストは価値の推定を間違う可能性がある。三つ目に、市場が必ずしも自らの間違いを速やかに訂正するとは限らない。ファンダメンタリストである証券アナリストもしばしば予想を誤る。その理由は5つ(p.211)。ランダムに発生する事件の影響。企業の会計操作によるいかがわしい利益の捻出。多くのアナリストにみられるお粗末なエラー。セールス活動への協力と運用部門への人材流出。証券アナリスト業務と投資銀行業務との間の利益相反。

ということで株式投資で利益を上げるための方策は3つだという(p.466-495)。インデックス・ファンドを買うだけで放置すること、めぼしい銘柄を独力で見つけること、投資信託に任せること。投資信託のパフォーマンスは経費率と売買回転率で決まるという話(p.495)は参考になるだろう。著者自身は過去、EPSは堅実に推移するのに市場の評価が低くてPERか相対的に割安な株に投資せよ、と述べていた(p.330)。市場がその価値を気づかずに放置している株に投資せよと。ただ、これも結局はチャート分析のような自己撞着になるだろう。それが理由か、後の版の記述で推奨はやめている(p.497)。

結局、一晩で大金持ちになることを狙うような投機家にとってはこの本は役に立たない(p.22)そうなので、私には役に立たないのだろう。それ以前に、株価の動きはランダムウォークであるという命題と、インデックスファンドへの投資がベストという命題がどうつながるのか、500ページ読んでも不明だ。これが成立するには、短期的な価格変動や長期でも個々の株式の株価の動きはランダムウォークだが、長期的には市場の平均株価は上昇するので、インデックスファンドへの投資は利益を生むという推論だろう。これに対する批判は次の二点があるだろう。(1)長期的に平均株価が上昇するという命題はどこから来たのか。暗黙的にこれが仮定されているのは著者が見ているのがアメリカ市場だからだろう。(2)ランダムウォークだから放置するのがなぜ賢明なのか。まさにブラック=ショールズ方程式ってランダムウォークを理論に取り込んだものなのではないのか。そしてLTCMの失敗から見ることは、市場にはもしかしてランダムウォーク以上のことがあるということではないのか。

株式会社フリーライズ『予算が見える・効果が上がる ネット広告徹底活用ガイド』


この本は具体的に、Web広告の活用法を書いている。リスティング広告、アドネットワーク広告、SNS広告、アフィリエイト広告、メール広告、ネイティブ広告が扱われる。どんな企業がその広告を提供していて、出稿するにはどうすればいいか。時にはスクリーンショットを使った個々の操作ステップまで書いてある。概念的な事柄や方法論を学ぶよりも、本当に具体的に始めてみる一冊。

文末にはWeb広告を出稿してうまくいった四つのケースが書かれている。ここをもっと抽象化するなりして方法論化したほうが、自分には面白くなる印象。例えばAISASモデルにそって、どのタイミングでどんな広告を打っていくかを考えているケースなど。このケースは高齢者向け配食事業なので、検索して即購入になる客は少ない。そこでリターゲティングを重視した広告戦略を取った(p.208f)。個々の種類の広告の解説で、それらの広告をどんなシーンで使えばいいかは解説されているが、こうしたユースケースをベースにしたほうが分かりやすいだろう。

岩田具治『トピックモデル』


トピックモデルについてとてもよく書かれた一冊。ユニグラムモデルから自然にトピックモデルにつながるように解説されている。またベイズ推論の本としても読むことができる。MAP推定、変分ベイズ推定、ギブスサンプリングについての解説は、それ自体で分かりやすい。ギブスサンプリングはちょっと数式が難しく、途中で追えなくなったが。

トピックモデルそのものも、図やアルゴリズム表記、グラフ表現といった手段を駆使して見通しやすくなっている。補助情報を用いる結合トピックモデル、対応トピックモデルや、トピック間に構造を入れるパチンコ配分モデルなども見通しが良い。後半には画像やネットワークなど、自然言語以外に対するトピックモデルも扱われる。最後はトピック数の推定をディリクレ過程を使って行う。ここでは無限混合モデルを有限の要素から近似する、中華料理店過程(Chinese Restaurant Process)や中華料理店フランチャイズ(Chinese Restaurant Franchise)なんて名前の面白い考えが紹介されている。妙な名前だが、考え自体は分かりやすい。

本間和城『基礎から学ぶWeb広告の成功法則』


Web広告のことはほとんど知らないので勉強。個人的にはすべてAdblockで消しているので、そもそもあまりWeb広告を見る機会がない。広告をクリックして遷移するという体験がない。裏側で本当はこういうことが動いている、ということを知るために読んでいた。

この本はWeb広告の種類として何があって、それらをどう使い分けるかという標準的な内容はもちろんカバー。それ以上に、そもそも広告をどう設計するかについてかなり議論している。ポイントは一貫して、ユーザーの行動や感情をどう考えるかにある。ユーザーの行動を考えずに広告を設計すると、まず失敗する(p.14)。すぐにテクノロジーやクリエイティブから考えてしまいがち。そうではなくユーザー中心で考え、ユーザーの感情を動かすことが重要(p.210-212)。

Webでモノが売れないのは、商品、役割、デザイン・操作性、集客方法の4つが原因としてある。特に、これらの間に一貫性があるかどうかが肝(p.3f)。広告の設計に使われる基本的テクニックはペルソナ手法。しかし著者は、ペルソナ設計には感情と時間的推移の配慮がないのでうまくいかないとする。ペルソナ設計には、ユーザーのプロフィールはあれど、ある時点でどんな感情を抱いていて、それが広告に接することによってどう変わるかを扱っていない。ペルソナを用いたストーリー設計が必要だということだろう。著者はペルソナ設計を「ナナリハ」で行うことを述べている。これは悩み、なぜ、理想、ハードルの頭文字(p.39-42)。

またユーザーの購買に至る行動をモデル化したAISASなどについても、一軸でしか捉えてないとの見方を展開。商品理解の深さと、ニーズの緊急度の二軸でユーザーの感情を捉えるべきと述べる。理解が深まり、ニーズが緊急になったときに購買行動(やコンバージョン)は起こる。広告とはユーザーに理解を深めさせるか、緊急性を喚起するかのどちらかに働く。この二軸を動かすようにそれぞれの広告を訴求する(p.46-55)。

広告の質についても良質な議論。広告を出した初期は、まずコンバージョンとCPAの改善を行っていく。しかしこれだけでは頭打ちになる。単にコンバージョンの数や割合が上がっても、それが一回だけの購買で、リピーターやファンにつながらないものだと限界が来る。「コンバージョンの質」が重要になってくる。これを見るためにLTVやROASを見ることが必要になる(p.76-78)。このためにはあえて効果を落とし、質の悪いクリックやコンバージョンを削減する改善案もある(p.83-85)。

扱われているWeb広告の種類は、リスティング広告、ディスプレイ広告、アフィリエイト広告、動画広告やSNS広告。それらがどういうものであり、主要なプレイヤーが何か、広告を使う際のポイントとは何かがきちんと書かれている。なかでもSNS広告はターゲティングの精度が高く91%(他は27%)ので使えると(p.172f)。ただし広告だけでなく、そこからユーザーが遷移していくるランディングページは特に大事。興味を引く、共感、商品理解、購買理由、リスクの低減、購入そのものといった目的に合わせてランディングページを設計するフレームワークなどがある(p.202f)。

Appendix

プロフィール

坂間 毅 (Sakama Tsuyoshi)

Author:坂間 毅 (Sakama Tsuyoshi)
数学の哲学を専攻して研究者を目指し、20代のほとんどを大学院で長々と過ごす。
しかし博士号は取らずPh.D. Candidateで進路変更。
哲学と特に関係なくIT業界に住んでいる。

別館:アマゾンのレビューページ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。